介護職はいじめが多い?いじめが辛い職場の乗り越え方

みさき

みさき
介護の職場っていじめが多いよね。
ひよこ先生

ひよこ先生
おや、みさきはいじめられているのかい?
みさき

みさき
いじめがひどいって程じゃないと思うんだけど、この人には嫌われてるなって感じる人はいるよ。

介護の職場では、いじめが発生することが少なくありません。

残念なことではありますが、いじめが発生しやすい職種であると言えるかも知れません。

陰湿ないじめは本来社会人になってから悩まされるようなものではありませんが、なぜ介護の世界ではいじめが発生してしまうのでしょうか。

いじめが多い理由、いじめられた時の乗り越え方について紹介していきたいと思います。

介護の職場でいじめが多い理由

ひよこ先生

ひよこ先生
介護の職場でいじめが発生しやすい理由について考えてみようか。
みさき

みさき
やっぱり、いじめには理由があるの?
ひよこ先生

ひよこ先生
まずは理由について考えることから始めないとね。

いじめが発生しやすいなら、何か理由があるはずです。介護の職場といえど職場ごとに違いは多いにも関わらず、いじめが発生する理由はなぜなのでしょうか。

女性社会特有の世界

介護は昔から女性の多い業界です。最近では男性の割合も増えてきているとはいえ、まだまだ6〜7割が女性という介護の職場が少なくありません。

問題を解決しながら効率的に狩りを行わなければならなかった男性と比べ、限られた集落社会で孤立せずに生き抜くことが重視された女性は社会性が高く、関係性においても能力より会話を重視すると言われています。

男性はより多く獲物を取ることのできる能力を重視するのに対し、女性は能力の高さ以上に会話によるコミュニケーションを重視してきたとされ、これは今日の男性、女性にも受け継がれている特徴であると考えられています。

性差の解消されてきた現代においても女性の多い介護の職場などではいじめ、陰口が多いのは一つの事実です。

集団に馴染んでいない新人に対するいじめがあり、更に仕事が出来る人間に対しても妬みによるいじめが行われることもあるというのは、女性の特徴と言われる部分と合致する内容かも知れません。

能力を加味しない中で社会性が形作られることで、能力に関わらずに好みによるいじめなどが横行してしまうと考えることも出来ます。

ストレス過多のせい

ストレスを感じたときの反応は人により様々ですが、自分より弱い立場の人間に対し優越感を感じ、責任を転嫁することで自己防衛をしてしまう人もいます。

自分一人で抱え込んでしまい、うつ病などの精神疾患に陥る方と比べると対極にある反応と言えるかも知れません。

どちらもストレスの原因であるストレッサーへの対応にはなっていませんが、自分の精神を防護するための反応です。

誰かのせいにする、というのは古くは信仰が生まれたきっかけでもあり、人の根源的な欲求かも知れません。

だから許されるということは決してありませんが、自分より弱い誰かを見つけることで自分を守ろうとする弱さがいじめを発生させてしまっているのでしょう。

特に介護の職場で感じるストレス、不満にはやり場のないものも多く、行き場のない思いをぶつける先として間違った選択をしてしまっているとも言えます。

ひよこ先生

ひよこ先生
ストレスの多い介護という仕事で女性が多い環境は、いじめが発生しやすい環境であるとも言えるのかもしれないね。
みさき

みさき
いじめてくる人も、弱い人なんだね。
ひよこ先生

ひよこ先生
だからといって許されることなんて絶対にないし、いじめられている側からすれば、それを理解したところで怒りや悲しみが膨らむだけなんだけどね。

いじめの乗り越え方

みさき

みさき
いじめの理由が分かっても怒りや悲しむだけなら、理由を考えることに意味はあるの?
ひよこ先生

ひよこ先生
とても大切な意味があるよ。いじめを受けている時には自分の非を探してしまったり相手に対して嫌悪を抱いたりしがちだけど、本質的には相手の弱さが原因であると家訓いうることが出来ると思うんだ。

いじめが発生する理由の本質的な部分は、相手の弱さです。

だからといって許すことは出来ないでしょう。弱いことと、弱さをいじめで発散することは別物です。

しかし、いじめの根本的な理由に弱さがあると考えれば、少なくとも自分一人で抱え込んで心を病んでしまう事は回避できます。

自分が悪いのではないと考えることで、いじめを乗り越える時の心構えとして相手や自分ではなく、「いじめが発生している環境」にアプローチするという正しい対応が出来ます。

学校などでいじめが発生し、問題となる場合でも個人ではなく環境に対処することは正しい対応です。

いじめが行われるトイレなどの奥まって人通りのない空間や、個人主義を助長する成績の発表、クラブなどのグループに注目しすぎる体制は長い時間をかけて是正されてきました。

このような対処が本来正しいものであり、いじめられている子に原因を求めたり、いじめている子を退学にしたりといった対応は間違いです。

この視点から、職場でのいじめの乗り越え方を考えてみましょう。

先輩・上司に相談する

まずは上司に相談するというのが、最も正しくかつ簡単な対応になります。

その時、いじめられている、いじめが発生しているという形で上司に報告してしまうのは少し検討すべきかもしれません。

特定の人間でシフトが固定化していることでグループを作ることが助長されている、休憩室の利用や休憩時間の割り振り方が陰口が発生する温床となっている、業務内容、業務負担が偏ることでいじめの元になる不満が発生しているなど。

環境にアプローチする対応が必要であるという点を上司に伝えるようにしましょう。

いじめられているという内容で報告してしまうと、いじめている個人を責める形になりいじめの悪化に繋がることもあれば、呼び出して三者で面談などの間違った対応になることがあります。

施設間の異動を打診する

学校なら環境へのアプローチが正しいとはいえ、職場では難しい場合も少なくありません。

職場の環境是正は大切な事ではあるとはいえ、利用者への処遇や住環境に関係なく、そもそも負担が増す可能性もある職員間の環境改善に、費用や時間などのリソースを割くことのできる職場ばかりではないためです。

そのため、環境を変えるために自分が部署移動などを行うというのも一つの手段です。

転職ほど環境を変えることなく、職場環境を変えることが出来ます。

業務内容や給与に不満がなく、いじめによるストレスだけが課題となっているなら部署移動が出来るならば、それが最適な答えになる場合もあります。

職場を変える

部署間での移動が難しい、そもそも法人内で移動できる他部署・他施設が存在しない場合もあるかも知れません。

給与などに不満がある場合でも、この機会に転職してしまうというのも手でしょう。

いじめをしてしまう弱さのある先輩、上司についても、本来は対処すべきであり、環境を改善したいところですが、それは上司の役割です。

自分が介護主任など管理職の立場にないならば難しいでしょう。

となれば、自分が転職して職場環境を変えるのは正しい選択であるといえます。

ひよこ先生

ひよこ先生
自分の責任、弱さのせいだと考えてしまうと、どうしても同じ職場で頑張りすぎてしまうこともあるし、上司に相談する時にもいじめられる自分に非を探すか、いじめてくる相手を非難することになってしまうからね。

そのどちらでもない、環境に課題があると考えることが大切なんだよ

みさき

みさき
転職は逃げてるような気がするんだけどなぁ。
ひよこ先生

ひよこ先生
逃げて良いじゃないか。悪いのは環境であり、素直に引くことが出来るのは立派な強さだよ。

いじめのない職場の見極め方

みさき

みさき
転職するなら、転職先にはいじめが無い職場を選びたいよね。
ひよこ先生

ひよこ先生
そうだね。いじめを改善するために転職するのに、転職先でもいじめられることになったんでは意味がないからね。

いじめは環境で発生します。ということは、職場の環境をしっかり見極めることでいじめのない職場で働く事が出来ると考えることも出来ます。

人間関係や人員配置などをしっかりと確認し、いじめのない職場を見極めて転職しましょう。

男性スタッフが多い職場

最初に紹介した通り、男性は根本的に実力を正当に評価して付き合う事に長けています。

男性社会でもいじめが発生することはありますし、女性社会でも円満な人間関係は形成されるため、あくまで参考ではありますが、いじめの発生する可能性は低くなるかもしれません。

それでも自分の能力が低い場合には責められる可能性はあり、個人の能力を求められる割合は高くなる危険もあります。

男性が多い職場ならではの注意もありますが、いじめのない職場選びという意味では正解かも知れません。

ストレスの少ない職場

こちらも、ストレスなどの環境はいじめの発生に大きく影響します。

ストレスが少ない職場で、一人一人の職員がイキイキと働くことができるなら、いじめの発生する割合は少なくなるでしょう。

女性の割合が多い職場であっても、ストレスが少なくイキイキと働けるなら社交性の高い女性のグループはチームケアの練度を高めてくれる可能性もあります。

チーム内で高い社交性が発揮され、ホウレンソウと情報共有が素早く実施されるというのは会話を重視する女性の素晴らしい能力であるともいえます。

上司が守ってくれる職場

上司は基本的に部下を守ってくれる存在です。上司が集団をしっかりとコントロールしている職場ではいじめは発生しませんし、いじめられている人を守り、育て、正当に評価するのは上司の役割です。

上司に関するテーマで解説した通り、上司の能力が突然高まること、上司が簡単に別人になるという事はあまりありません。

いじめの少ない職場に転職するために、上司を選ぶことが出来るのは転職する時だけであるとも言えます。

上司が部下を守ってくれる職場で働くことは、介護職として働き、成長する上でとても大切です。

ひよこ先生

ひよこ先生
上司の能力やスタッフの比率、職場の環境など、いじめは職場の闇の部分になるし、働く前に知ることのできる情報は限られているけれど、こうした職場を見極めて転職したいね。
みさき

みさき
ううん、いじめのない職場って分かりづらいんだね。

しっかりと情報蒐集をして転職先を探そう

ひよこ先生

ひよこ先生
難しい部分の情報収集だからこそ、介護求人サイトを活用するというのがオススメだね。
みさき

みさき
施設でいじめがあるかどうかまで把握しているの?
ひよこ先生

ひよこ先生
流石にそこまでは分からないだろうけれど、信頼できない、紹介してもすぐに辞めていく職場は紹介しなくなっていくからね。

介護求人サイトは登録している転職先を紹介しますが、転職者から何らかの料金をとることはありません。

介護求人サイトは人員が不足する施設や法人から求人の登録を依頼され、登録している求職者をマッチングして紹介します。

介護求人サイトの仕組みを簡単に紹介すると、施設に人材を紹介して雇用が成立すれば、施設から介護求人サイトに紹介手数料が支払われます。

すぐに離職してしまうと手数料は返還されるため、離職率の高い職場は利益率の低くなってしまいます。

だからこそ、介護求人サイトからは良い職場を紹介してもらえるのです。

転職した人の評判が良ければ登録者数も増え、登録してもらい紹介することで紹介手数料を得る介護求人サイトは、良い転職先の紹介に本気にならざるを得ません。

良い転職をしてほしい介護求人サイトと、良い転職がしたいという転職者は利益が合致します。

そのため、介護求人サイトを利用して転職活動を進めることは非常に良い選択であるといえます。

案件が成立し、試用期間が終了するまで働いてくれなければ利益にならないため、無理に紹介して押し付けるということもありません。

きっと、転職を進めるにあたって良いパートナーになってくれることでしょう。

ひよこ先生

ひよこ先生
以前に紹介している実績があれば、働いている現職員の生の評判についても仕入れることが出来るし、介護求人サイトは新鮮で参考になる情報を持っているからね。
みさき

みさき
そっか、いじめなんかの問題のない、良い職場を紹介してくれるんだね。

おすすめの介護求人サイト

ひよこ先生

ひよこ先生
いざ、介護求人サイトを利用しようと思っても、数が多すぎてどこがいいのか分からない!という人も多いんじゃないかな?

 

当サイトでは、実際に介護求人サイトを利用した人の声、またそれぞれの求人サイトが扱っている求人数や情報量を元に、おすすめの求人サイトをピックアップしています。

求人サイトによっては対応エリアが首都圏のみのところもあります。

首都圏の人向けと全国対応可能の求人サイトがありますので、対応可能エリアも必ずチェックしてみてくださいね。

1位:「スマイルSUPPORT介護」(全国対応)

求人数 84,000件以上(2017年9月時点)
対応エリア 全国対応
対応職種 介護福祉士、社会福祉士、社会福祉士主事、ヘルパー1級、ヘルパー2級、介護職員初任者研修、実務者研修、介護職員基礎研修、ケアマネージャー(介護支援専門員)、主任ケアマネージャー(主任介護支援専門員)、無資格OK
求人サイトの中で求人数がNO.1

スマイルSUPPORT介護では求人サイトの中でも取り扱い求人数が最も多く、8万件以上の求人の中からあなたに合った求人を紹介してもらえます。

また6割以上が非公開求人となっており、「土日休み、年間休日120日以上、残業なし」など、他にはないレアな求人に出会える確率も非常に高いです。

全国エリアの対応可能

都心部に特化して求人サイトが多い中、スマイルSUPPORT介護では全国どこのエリアでも求人の紹介をしてもらえます。

また運営している長谷川ホールディングスは介護施設や福祉施設の運営もしているため、介護業界に精通しているキャリアアドバイザーが多く、介護業界特有の悩みにも共感してもらえます。

評判の悪い施設を省いて紹介してもらえる

スマイルSUPPORT介護では、介護業界に精通していることもあり施設情報にも詳しいのですが、ブラックな施設は紹介しないという方針を徹底しています。

そのため「希望されてる施設ですが、実は先日集団退職があって…」など、他では聞けないような話を聞くことができるので、入ってからのミスマッチも防ぐことが出来ます。

≫スマイルSUPPORT介護に相談してみる

2位「きらケア介護求人」(首都圏向け)

求人数 12,000件以上(2017年9月時点)
対応エリア 首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)
対応職種 介護福祉士(介護士)、社会福祉士、ケアマネージャー、 介護職員基礎研修、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、社会福祉主事任用、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、無資格OK
職場の内部情報に詳しい

きらケア介護では、介護業界に特化して求人紹介を行っているため、施設ごとの人間関係、離職率、雰囲気などの口コミ・評判に非常に詳しいです。

求人を紹介される時も「あそこの施設は給料は確かに高いけど、残業もかなり多いのでプライベートの時間は取りづらいかもしれません…」などネガティブな情報もきちんと教えてもらえます。

キャリアアドバイザーの対応が丁寧

きらケア介護では、7割が女性スタッフということもあり、寄り添って話を聞いてもらえるので安心できるひいう人も多いです。

また「まだ転職は迷ってるけど、どんな求人があるか見てみたくて…」というような情報収集の段階でも、丁寧に対応してもらえるので安心です。

給料・条件交渉をしてもらえる

きらケア介護では、一人ひとりに担当のキャリアアドバイザーがついてもらえるのですが、求人を探してもらえるだけでなく、面接のサポートはもちろん、施設への給料や条件交渉までしてもらえます。

「あと月1万円給料が高かったら、ここの施設に行きたいんだけど…」という正直な気持ちを伝えてみてください。

これまでに何度も給料交渉をしてきているプロなので、施設の担当者にうまく給料交渉をしてもらえて給料アップが叶うこともあります。

≫きらケア介護求人に相談してみる

3位:「ベネッセの介護士お仕事サポート」(関東・関西メイン)

求人数 4,000件(2017年9月時点)
対応エリア 関東・関西中心
対応職種 介護福祉士、ケアマネジャー、実務者研修、介護職員初任者研修、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、看護助手、無資格OK
介護業界に詳しいプロのアドバイザーが担当

ベネッセグループ自身が介護施設を運営していることもあり、キャリアアドバイザーは介護業界に非常に詳しいプロばかりです。

そのため求人を紹介してもらう時にも施設の内情を詳しく教えてもらえたり、施設ごとに異なる面接で気をつけるポイントも教えてもらえるので、安心してサポートを受けられます。

高待遇・優良企業の求人が豊富

ベネッセ介護は大手企業の知名度もあり、求人を扱っている施設も大手企業や優良企業も多いため、高待遇・好条件の求人も豊富に紹介してもらえます。

求人サイトによっても取り扱っている求人が異なりますが、ベネッセでしか扱っていない優良企業の求人も多いので、できる限り2社以上の求人サイトへの登録をオススメします。

特養から在宅まで幅広い求人の紹介が可能

ベネッセ介護では介護分野に特化していることもあり、特養、老健、有料、デイサービス、在宅など、幅広い分野の求人の取り扱いがあります。

それぞれの施設で働くメリット・デメリットも事前に教えてもらえるので、「入ってみたらイメージと違った…」ということもなくミスマッチになるケースもほとんどありません。

≫ベネッセ介護士お仕事サポートに相談してみる

 

関連記事

介護職でプリセプターとの関係に悩む人へのアドバイス!

上司のストレスがつらすぎて職場を辞めたい介護士の悩みとは?

介護職に対して偉そうな看護師が耐えられない…と悩む人へ

知らないとブラック施設に入ってしまう?人間関係の悪い介護施設の見極め方

利用者さんのわがままに対する適切な対処方法とは?

利用者さんとのコミュニケーションが苦手な介護士へのアドバイス!