介護職がデイサービスに転職する前に知っておきたい4つのこと!

みさき

みさき
デイサービスなら夜勤がないよね。
ひよこ先生

ひよこ先生
通所施設だからね。基本的には利用者全員が帰宅する点は特徴かな。
みさき

みさき
夜勤が無いのは楽そうだし、詳しく知りたいな。

 

デイサービスは居宅サービスの通所介護の通称です。送迎を行い、日中だけ入居者が通ってくるという点が最大の特徴であると言えるでしょう。

しかし、最近では12時間以上利用するケースなども認められてきており、お泊りデイという自費負担サービスを提供する事業所も増えています。

デイサービスに転職する前に知っておきたい4つのことを紹介しますので、特徴をしっかり理解して転職先として検討してみいきましょう。

デイサービスの特徴

ひよこ先生

ひよこ先生
在宅で生活を続けることが出来るようにするというのが、デイサービスの大きな目的なんだよ。
みさき

みさき
ただ夜勤がない施設だと思ってちゃいけないんだね。

 

デイサービスは必要な日常生活の世話と機能訓練を提供しますが、昼間に独居状態となることが多い高齢者の社会的孤立感の解消の手段という目的のために実施されます。

機能訓練は在宅生活が継続できるよう心身の機能の維持を目的とし、同時に利用者の家族の身体的及び精神的負担の軽減を図るという、レスパイトケアの側面も持っています。

そもそも、施設サービスには居宅サービスをうけて在宅で生活を継続することが困難な人が入所するという面があるため、多くの高齢者が一度は訪問介護、通所介護、短期入所生活介護を利用しています。

デイサービスは要介護認定をうけ、介護を必要とする高齢者、また家族が要介護状態になった人たちに提供する施設サービスの体験版のような役割もあるのではないでしょうか。

 

みさき

みさき
確かに、ホームヘルパーとデイサービスだけではしんどくなってきて、施設を探す人は多いもんね。
ひよこ先生

ひよこ先生
そうだね。この考えはデイサービスで働くうえでも大切なものだから、しっかり押さえておきたいね。

 

デイサービスで働く前に知っておきたいこと

みさき

みさき
やっぱり入所施設とは違いも多いし、知っておきたいことも多そうだよね。
ひよこ先生

ひよこ先生
確かに何も知らずにイメージだけで働いてしまうと、失敗するかもしれないね。

 

デイサービスの給料

 

ひよこ先生

ひよこ先生
平均でみると、給料は平均より少し低い水準になっているようだね。
みさき

みさき
確かに、介護施設とかと比べると少し低いかも
ひよこ先生

ひよこ先生
給料はいろんな要素で決まるし、最終的には介護報酬と加算だけど、少しだけ考察してみよう。

 

通所介護事業所は4割が赤字ともいわれています。

居宅サービス事業所は企業が設置するケースも多いため、人件費が削減される傾向が強いとも考えられます。

単純な介護報酬で比べるならば、一人当たりで施設より高い報酬を得ることも可能かもしれませんが、大規模化が難しいことも事実です。

分類としてはひと月で900人以上が利用すれば大規模、つまり一日30人程度で大規模デイという事です。

しかし通所介護事業所では食堂及び絹訓練室の広さは利用者一人当たり3平方メートルは必要ですから、30人定員のデイは食堂だけで900平方メートル必要という事です。

当然30名が利用できるだけの入浴施設や、30人分の食事が準備できる厨房も必要です。

30人を送迎するだけの車も準備して駐車場はもちろん、従業員は看護師、生活相談員、絹訓練指導員、管理者が一名ずつ。

30人定員では毎日最低4人は介護職員が必要です。これだけ準備をしても、突然デイを休む人が出ればその分は収益になりません。

黒字化が難しく、運営も不安定になりがちという問題が、介護職員の給料に反映されているとも言えるでしょう。

 

ひよこ先生

ひよこ先生
最近の介護報酬の改定もデイサービスには厳しい内容のものが多いし、経営者は辛いだろうね。
みさき

みさき
大規模に運営していても介護職員の人数は少なめだから、リーダーなどの役職者が多く必要にならないのも給料に反映されてるのかもね。

 

デイサービスの仕事内容

ひよこ先生

ひよこ先生
さてデイサービスの仕事内容の特徴だけど、レクリエーションと送迎、入浴が重要かな。
みさき

みさき
入浴が大切なんだね。
ひよこ先生

ひよこ先生
在宅で生活できている以上食事は食べれるしトイレにもなんとか行けたとしても、家でお風呂にだけは入れないというニーズが高いからね。
みさき

みさき
確かに、足が上がらないと家のお風呂は難しそうだね。

 

多くのデイサービスではレクリエーションと入浴、おやつの時間、送迎が共通したスケジュールです。

レクリエーションとは別に体操の時間がある施設や、クラブ活動として書道や生け花を実施する施設など、レクリエーション・アクティビティには多くのデイサービスが力を入れています。

これは高齢者の社会的孤立感の解消という目的のためであり、魅力的なデイサービスとして利用率を上げる試みでもあると言えます。

まだ介護は必要ないと考えている利用者も多く、魅力的なサービスを提供しなければ利用してもらえないという問題もあるかも知れません。

身体や手先を使うレクリエーションやアクティビティには、心身の機能の維持という目的もあるでしょう。

一日中入浴担当をするというシフトもあれば、午前の送迎のあと昼食介助、午後はレクリエーション担当の後送迎など、おそらく一日の業務はレクリエーションと入浴、送迎のいずれかが含まれる形が多くなります。

最近ではデイの長時間利用も増えていますし、冒頭でお伝えしたお泊りデイを実施する事業所もあります。

どちらも実施していないデイサービスでも、午前と午後の二交代で利用者を受け入れる場合もあります。

デイサービスは夜勤がない、勤務時間が短いという考えは、今後古くなってきそうです。

入浴、レクリエーション、送迎などの業務内容の部分が大切かも知れません。

 

みさき

みさき
お泊りデイなんかもあるなら、メリットって何なの?
ひよこ先生

ひよこ先生
いや、泊まりを実施する事業所ばかりでもないし、夜勤が無いのは大きなメリットだよ?

 

メリット

  • 夜勤がない
  • シフトによる退勤時間のズレが小さい
  • 身体介護の割合が低い

デメリット

  • 給料面では不利
  • 施設などと併設する場合には異動もある
  • 送迎で行きたくないという利用者の対応をする、様々なレクリエーションを実施するなど、デイ特有のスキルが必要になる

 

みさき

みさき
でも介護職者が夜勤を嫌がっててもダメだよね。
ひよこ先生

ひよこ先生
そんなことはないさ。夜勤が嫌でなくても、心身に与える影響は大きい。

人間だから当たり前だし、介護職だから夜に強くて当たり前だなんておかしいでしょ。

みさき

みさき
そっか!夜勤が嫌でも、おかしなことじゃないんだね。

 

デイサービスのやりがい

みさき

みさき
デイサービスならではのやりがいって、どういうところにあるの?
ひよこ先生

ひよこ先生
例によって介護のやりがいや楽しさは当然として、デイだからこそのものだね。

 

デイサービスのやりがいは何と言ってもレクリエーションではないでしょうか。

在宅で暮らせるだけの心身の機能があるため、難しいレクリエーションでも楽しむことが出来るケースは少なくありません。

麻雀を楽しむ利用者さんや、賛否はあるもののパチンコを設置するデイサービスなどもあり、レクリエーションに力を入れているからこその楽しみがあります。

また日常生活に必要な世話を行うという介護の業務は、言うなれば生きるために必要な手伝いです。

楽しみや生きがいを感じるという事の大切さが注目され、排せつ・入浴・食事に関わらない生活全体の世話が大切であると言われ出しましたが、施設などではまだまだ生きる手伝いという側面が強いのも事実です。

そんな中、楽しむためのお手伝いに時間と人員をかけるデイサービスでのレクリエーションは、職員にとっても楽しいものです。

塗り絵を配るだけ、映画を見ているだけではない、職員も一緒に楽しむレクリエーションを、やりがいにしていくことが出来るのではないでしょうか。

 

みさき

みさき
確かにレクリエーションで一緒に楽しんで、それで笑顔に出来るならやりがいを感じるね!
ひよこ先生

ひよこ先生
施設でもレクリエーションに力を入れているところだってあるけれどね。

 

デイサービスの求人の探し方

ひよこ先生

ひよこ先生
デイサービスの求人を探す上で気にしてほしいポイントは、併設施設、デイのスケジュール、普段のレクリエーションなどだね。
みさき

みさき
お泊りデイとか、長時間デイの実施状況も気になるよね。

 

デイサービスを転職先として検討する場合ならば、多くの施設が利用者向けに公開している一日のスケジュールが参考になります。

他にも延長やお泊りデイなどの実施状況も調べれば分かるところでしょう。

しかし併設施設自体は分かっても、転勤の有無や頻度は働いてみないと分からないところになります。

面接で聞くことも出来ますが、やはり候補のデイサービス全て面接で聞く訳にはいかないのが現状です。

普段のレクリエーションなども、ネットで調べたところで良い情報ばかりが書かれているものです。直接顧客獲得に関わる情報ですから当然ですよね。

どういった面に力を入れているのか、レクなのかリハビリなのか、利用時間なのかお風呂なのか、それによって職員として働いた時の仕事の内容も違ってきます。

そこで、介護職専門の介護求人サイトに相談することをオススメします。

介護求人サイトでは一人ひとりにキャリアアドバイザーが担当者としてついてくれて、転職活動を全面的にサポートしてもらえます。

そのため、デイサービスを選んだ理由を伝えれば、それに見合ったデイサービスをピックアップしてくれます。

場合によってはお泊りデイのあるデイサービスや日勤限定のデイサービスの求人なども紹介してくれるかもしれません。

デイサービスを選ぶ以上、給料以上に大切にしたいものがあるはずです。

その給料以外の”何か”をしっかりと守れる転職のためにも、介護求人サイトを利用してみましょう。

おすすめの介護求人サイト

ひよこ先生

ひよこ先生
いざ、介護求人サイトを利用しようと思っても、数が多すぎてどこがいいのか分からない!という人も多いんじゃないかな?

 

当サイトでは、実際に介護求人サイトを利用した人の声、またそれぞれの求人サイトが扱っている求人数や情報量を元に、おすすめの求人サイトをピックアップしています。

求人サイトによっては対応エリアが首都圏のみのところもあります。

首都圏の人向けと全国対応可能の求人サイトがありますので、対応可能エリアも必ずチェックしてみてくださいね。

1位:「スマイルSUPPORT介護」(全国対応)

求人数 84,000件以上(2017年9月時点)
対応エリア 全国対応
対応職種 介護福祉士、社会福祉士、社会福祉士主事、ヘルパー1級、ヘルパー2級、介護職員初任者研修、実務者研修、介護職員基礎研修、ケアマネージャー(介護支援専門員)、主任ケアマネージャー(主任介護支援専門員)、無資格OK
求人サイトの中で求人数がNO.1

スマイルSUPPORT介護では求人サイトの中でも取り扱い求人数が最も多く、8万件以上の求人の中からあなたに合った求人を紹介してもらえます。

また6割以上が非公開求人となっており、「土日休み、年間休日120日以上、残業なし」など、他にはないレアな求人に出会える確率も非常に高いです。

全国エリアの対応可能

都心部に特化して求人サイトが多い中、スマイルSUPPORT介護では全国どこのエリアでも求人の紹介をしてもらえます。

また運営している長谷川ホールディングスは介護施設や福祉施設の運営もしているため、介護業界に精通しているキャリアアドバイザーが多く、介護業界特有の悩みにも共感してもらえます。

評判の悪い施設を省いて紹介してもらえる

スマイルSUPPORT介護では、介護業界に精通していることもあり施設情報にも詳しいのですが、ブラックな施設は紹介しないという方針を徹底しています。

そのため「希望されてる施設ですが、実は先日集団退職があって…」など、他では聞けないような話を聞くことができるので、入ってからのミスマッチも防ぐことが出来ます。

≫スマイルSUPPORT介護に相談してみる

2位「きらケア介護求人」(首都圏向け)

求人数 12,000件以上(2017年9月時点)
対応エリア 首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)
対応職種 介護福祉士(介護士)、社会福祉士、ケアマネージャー、 介護職員基礎研修、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、社会福祉主事任用、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、無資格OK
職場の内部情報に詳しい

きらケア介護では、介護業界に特化して求人紹介を行っているため、施設ごとの人間関係、離職率、雰囲気などの口コミ・評判に非常に詳しいです。

求人を紹介される時も「あそこの施設は給料は確かに高いけど、残業もかなり多いのでプライベートの時間は取りづらいかもしれません…」などネガティブな情報もきちんと教えてもらえます。

キャリアアドバイザーの対応が丁寧

きらケア介護では、7割が女性スタッフということもあり、寄り添って話を聞いてもらえるので安心できるひいう人も多いです。

また「まだ転職は迷ってるけど、どんな求人があるか見てみたくて…」というような情報収集の段階でも、丁寧に対応してもらえるので安心です。

給料・条件交渉をしてもらえる

きらケア介護では、一人ひとりに担当のキャリアアドバイザーがついてもらえるのですが、求人を探してもらえるだけでなく、面接のサポートはもちろん、施設への給料や条件交渉までしてもらえます。

「あと月1万円給料が高かったら、ここの施設に行きたいんだけど…」という正直な気持ちを伝えてみてください。

これまでに何度も給料交渉をしてきているプロなので、施設の担当者にうまく給料交渉をしてもらえて給料アップが叶うこともあります。

≫きらケア介護求人に相談してみる

3位:「ベネッセの介護士お仕事サポート」(関東・関西メイン)

求人数 4,000件(2017年9月時点)
対応エリア 関東・関西中心
対応職種 介護福祉士、ケアマネジャー、実務者研修、介護職員初任者研修、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、看護助手、無資格OK
介護業界に詳しいプロのアドバイザーが担当

ベネッセグループ自身が介護施設を運営していることもあり、キャリアアドバイザーは介護業界に非常に詳しいプロばかりです。

そのため求人を紹介してもらう時にも施設の内情を詳しく教えてもらえたり、施設ごとに異なる面接で気をつけるポイントも教えてもらえるので、安心してサポートを受けられます。

高待遇・優良企業の求人が豊富

ベネッセ介護は大手企業の知名度もあり、求人を扱っている施設も大手企業や優良企業も多いため、高待遇・好条件の求人も豊富に紹介してもらえます。

求人サイトによっても取り扱っている求人が異なりますが、ベネッセでしか扱っていない優良企業の求人も多いので、できる限り2社以上の求人サイトへの登録をオススメします。

特養から在宅まで幅広い求人の紹介が可能

ベネッセ介護では介護分野に特化していることもあり、特養、老健、有料、デイサービス、在宅など、幅広い分野の求人の取り扱いがあります。

それぞれの施設で働くメリット・デメリットも事前に教えてもらえるので、「入ってみたらイメージと違った…」ということもなくミスマッチになるケースもほとんどありません。

≫ベネッセ介護士お仕事サポートに相談してみる

 

関連記事

特別養護老人ホームを辞めたい!介護職としての次の転職先は?

介護職がグループホームで働く前に知っておきたい4つのこと!

介護職が有料老人ホームに転職する前に知っておきたい4つのこと!

介護職がサ高住に転職する前に知っておきたい4つのこと!

有料老人ホームを辞めたい!介護職としての次の転職先は?

サ高住を辞めたい!介護職としての次の転職先は?