ママさん介護士必見!託児所付き介護施設の探し方について

出産を機に介護職を辞めてしまう方は数多いですが、理由はやはり給料の低さと身体的な負担の大きさでしょうか。

かといって専業主婦をするには、子育ては何かと物入りですよね。

子育てと両立できる仕事を探すなら、せっかくですから介護を続けるという選択肢も良いかもしれません。

仕事を探すうえで、給料はとても大切な要素。ましてやママさん介護士にとっては、家計を助けるためのお仕事探しです。

しかし元から給料だけを考えるなら、低賃金が叫ばれ続ける介護職を選ばなかったというのもまた事実ではないでしょうか。

働き慣れた、やりがいある介護職を続けながら子育てと両立するために、託児所付きの職場探しをしてみてもいいかもしれません。

ママさん介護士には託児所は必須

ひよこ先生

ひよこ先生
小さなお子さんのいるママさんなら、託児所付きの職場がオススメだよ。
みさき

みさき
普通の保育所じゃダメなの?
ひよこ先生

ひよこ先生
ダメじゃあないけど、保育所に預けてから出勤して夕方には迎えに行ける職場探しになるよね。
みさき

みさき
日勤のみの働き方だね。
ひよこ先生

ひよこ先生
さらに早出や遅出のない職場に限定されてしまうし、日曜は固定で休み。

通勤時間と保育所の位置なんかも考えると選択肢はすごく狭くなっちゃうよ。

みさき

みさき
そっか。職場の託児所なら、早出や遅出にも対応してくれるんだね。

 

託児所でなくても対応自体は可能ですが、託児所付きの職場にはメリットが多くあります。

託児所の利用を前提とした雇用であれば夜勤などもなく、託児所で対応できない病気などの際に休みやすくもなるでしょう。

出勤・退勤が子供の送迎であり、時間を気にしなくて良くなり、子供が体調を崩した際などの対応もスムーズに行えます。

しかし、託児所に利用料金がかかる場合は、給料自体が少なくなるので注意が必要です。

自分の休みに子供を預けることが出来ない場合が多いですし、運動場などの設備、年間行事の差などもあるかもしれません。

子供の保育施設としてのメリット・デメリットと自分が仕事をする上でのメリット・デメリットをしっかりと比べるためには、まず託児所付きの職場を見つけることが先決です。

託児所のある介護職場の特徴

みさき

みさき
託児所がある介護の職場って、どういうところがあるの?
ひよこ先生

ひよこ先生
託児所付きの病院に介護職が勤務するケースだと、ほとんどの場合院内託児所が使えるね。
みさき

みさき
病院に院内保育所があるのは見たことがあるよ!
ひよこ先生

ひよこ先生
あとは、医療法人が運営する施設だと法人が運営する病院の院内託児所を利用できるケースもあるね。

病院や医療法人で託児所付きが多いのは看護職に女性が多いのも理由だろうけど、やっぱり法人の大きさの違いはあると思うよ。

 

託児所を利用できる介護職の職場を探す場合、運営母体は大きな目安です。

福利厚生に資金を使うことのできる大きな企業や法人ほど、託児所を設置しているケースは多いでしょう。

最近では大きな病院で介護職員を雇用するケースは増えていますので、院内託児所が利用できる病院を探すのも手です。

医療法人が病院と併設して老健を運営する場合にも、老健の職員が病院の託児所を利用できるケースがあります。

大きな企業が介護に参入して運営している施設や事業所でも、託児所が設置されているケースや同社系列の託児所を利用できたりもします。

施設併設の託児所の特徴

みさき

みさき
施設に併設されてる託児所って、保育園とどう違うの?
ひよこ先生

ひよこ先生
そうだね。法的な位置づけの違いとか、違いはたくさんある。

ここでは、実際にママさん介護士として見たときに感じる違いを挙げていこうか。

 

  • 仕事が休みの日には預かってくれない
  • 出勤時に預かってもらい、退社時に迎えに行く
  • 福利厚生として食事代以外無料のところから、利用料金が天引きになる職場まで、料金は様々
  • 運動場がない、年中行事が少ないなど、設備面やイベント面で違いがある
  • 喧嘩があった場合など、近くに居るので呼び出されやすい
  • 授乳対応が可能な場合もあり、休憩で顔を見に行くことも出来る

 

ひよこ先生

ひよこ先生
ここで挙げた例がすべての託児所に当てはまるわけじゃないよ。

でも法的に基準があるわけでもないし、企業や法人によって本当に幅広いんだ。

みさき

みさき
託児所はあるけど、結局は保育所に預けるママさんもいるもんね。
ひよこ先生

ひよこ先生
他業種ではそうだね。でも、早出や遅出、残業に対応可能であったり、介護職なら恩恵は大きいと思うよ。

 

託児所のある施設求人の探し方

みさき

みさき
託児所のある求人はどうやって探せば良いの?
ひよこ先生

ひよこ先生
中々難しいね。託児所が設置された職場なら大体の場合求人情報誌には掲載する項目だろうけど、狙って探すのは一苦労だ。
みさき

みさき
やっぱり、介護求人サイトを使うのがおすすめだね。

 

ママさん介護士のように転職のときに譲れない項目があるならば、介護職専門の求人サイトを活用してみてください。

その際には「託児所が利用できるか?」または「保育園を利用していても送り迎えに行ける時間帯限定で勤務できる職場はあるか?」など、託児所があるか保育園の利用が可能な職場の希望を伝えると良いでしょう。

この様な希望であっても、介護求人サイトの担当者さんはしっかりとピックアップしてくれますし、その上でそれぞれのメリット・デメリットを考えることが出来ます。

担当者から伝えてもらうことで託児所の見学をするなど、一人で面接に行った場合には切り出しづらい事でも対応してくれる場合もあります。

子育てと仕事の両立は難しいものです。一人で悩み、転職先を探すより、プロに手伝ってもらって良い転職にしましょう。

おすすめの介護求人サイト

ひよこ先生

ひよこ先生
いざ、介護求人サイトを利用しようと思っても、数が多すぎてどこがいいのか分からない!という人も多いんじゃないかな?

 

当サイトでは、実際に介護求人サイトを利用した人の声、またそれぞれの求人サイトが扱っている求人数や情報量を元に、おすすめの求人サイトをピックアップしています。

求人サイトによっては対応エリアが首都圏のみのところもあります。

首都圏の人向けと全国対応可能の求人サイトがありますので、対応可能エリアも必ずチェックしてみてくださいね。

1位:「スマイルSUPPORT介護」(全国対応)

求人数 84,000件以上(2017年9月時点)
対応エリア 全国対応
対応職種 介護福祉士、社会福祉士、社会福祉士主事、ヘルパー1級、ヘルパー2級、介護職員初任者研修、実務者研修、介護職員基礎研修、ケアマネージャー(介護支援専門員)、主任ケアマネージャー(主任介護支援専門員)、無資格OK
求人サイトの中で求人数がNO.1

スマイルSUPPORT介護では求人サイトの中でも取り扱い求人数が最も多く、8万件以上の求人の中からあなたに合った求人を紹介してもらえます。

また6割以上が非公開求人となっており、「土日休み、年間休日120日以上、残業なし」など、他にはないレアな求人に出会える確率も非常に高いです。

全国エリアの対応可能

都心部に特化して求人サイトが多い中、スマイルSUPPORT介護では全国どこのエリアでも求人の紹介をしてもらえます。

また運営している長谷川ホールディングスは介護施設や福祉施設の運営もしているため、介護業界に精通しているキャリアアドバイザーが多く、介護業界特有の悩みにも共感してもらえます。

評判の悪い施設を省いて紹介してもらえる

スマイルSUPPORT介護では、介護業界に精通していることもあり施設情報にも詳しいのですが、ブラックな施設は紹介しないという方針を徹底しています。

そのため「希望されてる施設ですが、実は先日集団退職があって…」など、他では聞けないような話を聞くことができるので、入ってからのミスマッチも防ぐことが出来ます。

≫スマイルSUPPORT介護に相談してみる

2位「きらケア介護求人」(首都圏向け)

求人数 12,000件以上(2017年9月時点)
対応エリア 首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)
対応職種 介護福祉士(介護士)、社会福祉士、ケアマネージャー、 介護職員基礎研修、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、社会福祉主事任用、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、無資格OK
職場の内部情報に詳しい

きらケア介護では、介護業界に特化して求人紹介を行っているため、施設ごとの人間関係、離職率、雰囲気などの口コミ・評判に非常に詳しいです。

求人を紹介される時も「あそこの施設は給料は確かに高いけど、残業もかなり多いのでプライベートの時間は取りづらいかもしれません…」などネガティブな情報もきちんと教えてもらえます。

キャリアアドバイザーの対応が丁寧

きらケア介護では、7割が女性スタッフということもあり、寄り添って話を聞いてもらえるので安心できるひいう人も多いです。

また「まだ転職は迷ってるけど、どんな求人があるか見てみたくて…」というような情報収集の段階でも、丁寧に対応してもらえるので安心です。

給料・条件交渉をしてもらえる

きらケア介護では、一人ひとりに担当のキャリアアドバイザーがついてもらえるのですが、求人を探してもらえるだけでなく、面接のサポートはもちろん、施設への給料や条件交渉までしてもらえます。

「あと月1万円給料が高かったら、ここの施設に行きたいんだけど…」という正直な気持ちを伝えてみてください。

これまでに何度も給料交渉をしてきているプロなので、施設の担当者にうまく給料交渉をしてもらえて給料アップが叶うこともあります。

≫きらケア介護求人に相談してみる

3位:「ベネッセの介護士お仕事サポート」(関東・関西メイン)

求人数 4,000件(2017年9月時点)
対応エリア 関東・関西中心
対応職種 介護福祉士、ケアマネジャー、実務者研修、介護職員初任者研修、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、看護助手、無資格OK
介護業界に詳しいプロのアドバイザーが担当

ベネッセグループ自身が介護施設を運営していることもあり、キャリアアドバイザーは介護業界に非常に詳しいプロばかりです。

そのため求人を紹介してもらう時にも施設の内情を詳しく教えてもらえたり、施設ごとに異なる面接で気をつけるポイントも教えてもらえるので、安心してサポートを受けられます。

高待遇・優良企業の求人が豊富

ベネッセ介護は大手企業の知名度もあり、求人を扱っている施設も大手企業や優良企業も多いため、高待遇・好条件の求人も豊富に紹介してもらえます。

求人サイトによっても取り扱っている求人が異なりますが、ベネッセでしか扱っていない優良企業の求人も多いので、できる限り2社以上の求人サイトへの登録をオススメします。

特養から在宅まで幅広い求人の紹介が可能

ベネッセ介護では介護分野に特化していることもあり、特養、老健、有料、デイサービス、在宅など、幅広い分野の求人の取り扱いがあります。

それぞれの施設で働くメリット・デメリットも事前に教えてもらえるので、「入ってみたらイメージと違った…」ということもなくミスマッチになるケースもほとんどありません。

≫ベネッセ介護士お仕事サポートに相談してみる

 

関連記事

介護職のパートとして働くってどんな感じ?(給料・仕事内容・メリット&デメリット)

派遣として働くってどんな感じ?(給料・仕事内容・メリット&デメリット)

介護施設の管理職で転職する時に知っておきたい5つのこと!

夜勤がつらすぎる!日勤のみの介護職求人の探し方とは?

介護職として復帰したいけどブランクが気になる人へのアドバイス!