【85%合格必須】介護職の志望動機を職種別でまとめてみました!

みさき

みさき
履歴書の準備で時間がかかるのは志望動機と自己PRだよね。

ひよこ先生

ひよこ先生
確かに、学歴や資格なんかは埋めやすいから、時間がかかる項目は限られているかも知れないね。

では今回は志望動機について考えてみよう。

 

転職を検討し始めたものの履歴書の準備が進まないという人も少なくありません。

学歴や住所、資格などは埋めていくだけですが、志望動機や自己PRといった作文の要素が入ると途端に難しく感じるものです。

何を書けばいいかわからない、給料と立地で絞ったから選んだ理由を聞かれても困るなど、志望動機のネタ不足で困っていませんか?

今回は履歴書作成の難関、志望動機を作成するポイントをご紹介します。

更に介護職の志望動機を職種別でまとめてみました。

志望動機を書く時の3つのポイント

ひよこ先生

ひよこ先生
志望動機を書く時のポイントはこの三つだよ。

3つのポイント

  • 自分の思い
  • 志望した職場の強み、特徴
  • 目指したい姿

 

みさき

みさき
この三つを書けばいいの?
ひよこ先生

ひよこ先生
この三つを繋げて作ったシンプルな志望動機はこんな風になるかな。

 

3つのポイントを押さえた志望動機の構成

自分の思いはAです。

Bという特徴の御社ではAを活かすことが出来ると考えました。

Aを活かしてCのようになりたいと考えています。

 

みさき

みさき
ABCを考えればいいんだね。
ひよこ先生

ひよこ先生
単純な考え方としてはね。

どれかひとつでも抜けてしまうとNGな志望動機になってしまうとも言えるね。

 

自分の思いの抜けた志望動機

認知症ケアに力を入れている御社で、国民病ともいわれる認知症に寄り添える介護職員として働きたいと考えています。

 

ひよこ先生

ひよこ先生
なぜそのように考えたのかという部分が伝わってこないよね。
みさき

みさき
認知症ケアへの思いを伝えれば良いんだね。

 

強み、特徴の抜けた志望動機

以前の職場で認知症の利用者の担当となり、それをきっかけに深く学習しました。

介護職として働きながらも、今までは認知症について理解したつもりになっていただけだったのだと感じ、認知症の種類や個々の症状に応じた介護がしてみたいと感じるようになりました。

国民病ともいわれる認知症に寄り添える介護職員として働きたいと考えています 。

 

ひよこ先生

ひよこ先生
これではわざわざ転職する理由が伝わらないよね。
みさき

みさき
前の職場では学べなかったって言っても良いんじゃない?
ひよこ先生

ひよこ先生
それじゃあ以前の職場への愚痴になってしまうよ。

以前の職場と比べることは悪くないけど、愚痴にならないように気を付けないとね。

 

目指したい姿が抜けた志望動機

以前の職場で認知症の利用者の担当となり、それをきっかけに深く学習しました。

介護職として働きながらも今までは認知症について理解したつもりになっていただけだったのだと感じ、認知症の種類や個々の症状に応じた介護がしてみたいと感じるようになりました。

認知症ケアに力を入れている御社で学びを深めたいと考えています。

 

ひよこ先生

ひよこ先生
これでは独りよがりな志望動機だよね。
みさき

みさき
なんだか職場を利用してるみたいだもんね。
ひよこ先生

ひよこ先生
だから、最期には職場での目指したい姿などを伝えないといけないんだ。

 

3つのポイントを含んだ履歴書

以前の職場で認知症の利用者の担当となり、それをきっかけに認知症について深く学ぶことができました。

その際介護職として働きながらも今までは認知症について理解したつもりになっていただけだったのだと感じ、認知症の種類や個々の症状に応じたより良い介護がしたいと感じるようになりました。

認知症ケアに力を入れている御社でより学びを深め、国民病ともいわれる認知症に寄り添える介護職員として働きたいと考えています。

 

ひよこ先生

ひよこ先生
他にも、さっきも言ったように以前の職場の愚痴になっていたり、独りよがりな内容にならないように気をつけたいね。
みさき

みさき
三つのポイントを押さえて、更に良い志望動機になるように注意するんだね。

 

【ケース別】志望動機のポイントと例文

みさき

みさき
例文も教えてくれるの?
ひよこ先生

ひよこ先生
あくまで例だけどね。考え方の見本のように捉えてほしいな。

特養での生活相談員を希望するケース

【職種】生活相談員
【職場】特養
【以前の職場】介護職員・特養

私は以前の職場では介護職として従事しており、介護主任をしていました。

介護職員として介護業務にも従事していましたがご家族様や他の専門職と面談・会議を行い場面が増えてくる中で、相談援助職として働いてみたいと考えるようになりました。

生活相談員と介護職員の兼務で働くことができ、以前と同じ特養なら私の介護職者としての経験を活かしながら生活相談員としての経験も積むことが出来るのではないかと考えています。

研修制度の整った御社で生活相談員としての業務を学び、介護現場でのプロフェッショナルを目指したいと考えています。

  1. 自分の思い「生活相談員もしてみたい」
  2. 職場の強み「教育制度が充実している」
  3. 目指したい姿「介護も相談業務も出来るプロフェッショナル」

 

有料老人ホームでの介護職員を希望するケース

【職種】介護職員
【職場】有料老人ホーム
【以前】介護職員・デイ

私は以前はデイサービスに勤務しておりました。介護は初めてでしたが、レクリエーションなどを通して高齢者と関わる楽しさを感じました。

介護も仕事をもっと続けたいと考えていましたが、同時に日勤のみで自立度も高い片ばかりのデイサービス以外でより研鑽を重ねたいとも考えていました。

そんな折御社のホームページを拝見し、地域で暮らす高齢者に安心を提供するという 創業の精神に深く感銘いたしました。

デイサービスで学んできたことを活かしながら夜勤や身体的に重度な方への介護の知識・経験も深め、より専門性の高いサービスを提供できる介護職員になっていきたいと考えています。

  1. 自分の思い「夜勤などの経験を通してより研鑽したい」
  2. 職場の強み「創業の精神が素晴らしい」
  3. 目指したい姿「様々な介護を経験して専門性の高いサービスを提供したい」

 

居宅介護支援事業者のケアマネを希望するケース

【職種】 ケアマネジャー
【職場】居宅介護支援事業所
【以前】施設ケアマネ・有料老人ホーム

私は有料老人ホームで働いており、介護職員からケアマネ資格を取得して同じ施設でケアマネをしていました。

施設では毎日利用者の様子を見ることができ、介護職としても関わることで密に関わることができたと感じています。

介護職員として介護業界で働き始めましたが、ケアマネの楽しさを感じ、今度は居宅ケアマネとして、在宅で生活する高齢者と関わってみたいと考えて転職を決意いたしました。

初めて居宅ケアマネをするにあたり、研修体制が整っており一人ひとりの利用者と向き合える体制という御社の求人に強く惹かれ、応募させていただきました。介護現場を経験しているという強みを活かしながら、ご家族や事業所、本人様と密に関われるケアマネを目指したいと考えています。

  1. 自分の思い「居宅ケアマネで働きたい」
  2. 職場の強み「一人ひとりの利用者と向き合える体制 」
  3. 目指したい姿「ご家族や事業所、本人様と密に関われるケアマネを目指したいと考えています」

 

病院の医療ソーシャルワーカーを希望するケース

【職種】 医療ソーシャルワーカー
【職場】病院
【以前】未経験・新卒

私が社会福祉士を取得しようと考えたきっかけが医療ソーシャルワーカーです。

以前事故で入院した際に、その病院の医療ソーシャルワーカーのお世話になり、学校や仕事、リハビリについて親身になって相談に乗っていただき、力になって下さいました。

それ以来、私も医療ソーシャルワーカーとして働いてみたいと考え、社会福祉士を取得できる大学に進学いたしました。

貴法人の地域の皆様が安心できる病院という理念に感銘し、私も患者としてお世話になった際に感じた安心を感じて貰える医療ソーシャルワーカーになりたいと考えています。

  1. 自分の思い「医療ソーシャルワーカーとして働いてみたい」
  2. 職場の強み「地域の皆様が安心できる病院」
  3. 目指したい姿「 安心を感じてもらえる医療ソーシャルワーカー」

 

ひよこ先生

ひよこ先生
志望動機の組み立て方はこれだけじゃないし、あくまで例として参考にしてほしいね。
みさき

みさき
職場や職種、転職前の職種や職場に応じて考えた方が良いんだね。

 

志望動機は面接の合否の鍵を握る

ひよこ先生

ひよこ先生
志望動機は多くの人事担当者が注目する項目だから、特にしっかりと考えようね。
みさき

みさき
そうなの?
ひよこ先生

ひよこ先生
面接の質問を考える上でも、志望動機を元に質問を考えることも少なくないからね。
みさき

みさき
じゃあ質問されてもスムーズに答えられるように準備しておかないとね。

 

面接では、履歴書や職務経歴書などのこちらが提出する情報を元に質問される項目がたくさんあります。

志望動機は「聞いて欲しい事」を伝えられる武器であるとも言えるのです。

面接では企業はあなたについて何も知りません。ゼロ点からのスタートです。

態度や言葉遣いで減点されないように気を付けることは当たり前ですが、元気や丁寧な言葉遣いで加点されても100点になることはないでしょう。

そこで自分が何を考えているのか、どんな思いで志望したのかという部分こそが自分を売り込む最大の武器になるのです。

面接で与えられる武器は「志望動機」と「自己PR」、「職務経歴書」と多くはありません。

少ないアピールの機会を活用するために、しっかりとした志望動機を準備しておきましょう。

また、志望動機など面接対策において非常に助けになってくれるのが介護求人サイトの存在です。

介護求人サイトでは、一人ひとりにキャリアアドバイザーが担当としてついてもらえて、求人の紹介をはじめ面接対策もサポートしてもらえるので合格率はグッと上がります。

志望動機の添削もしてもらえるので、転職を考えている人は活用しない手ないのではないかと思います!

おすすめの介護求人サイト

ひよこ先生

ひよこ先生
いざ、介護求人サイトを利用しようと思っても、数が多すぎてどこがいいのか分からない!という人も多いんじゃないかな?

 

当サイトでは、実際に介護求人サイトを利用した人の声、またそれぞれの求人サイトが扱っている求人数や情報量を元に、おすすめの求人サイトをピックアップしています。

求人サイトによっては対応エリアが首都圏のみのところもあります。

首都圏の人向けと全国対応可能の求人サイトがありますので、対応可能エリアも必ずチェックしてみてくださいね。

1位:「スマイルSUPPORT介護」(全国対応)

求人数 84,000件以上(2017年9月時点)
対応エリア 全国対応
対応職種 介護福祉士、社会福祉士、社会福祉士主事、ヘルパー1級、ヘルパー2級、介護職員初任者研修、実務者研修、介護職員基礎研修、ケアマネージャー(介護支援専門員)、主任ケアマネージャー(主任介護支援専門員)、無資格OK
求人サイトの中で求人数がNO.1

スマイルSUPPORT介護では求人サイトの中でも取り扱い求人数が最も多く、8万件以上の求人の中からあなたに合った求人を紹介してもらえます。

また6割以上が非公開求人となっており、「土日休み、年間休日120日以上、残業なし」など、他にはないレアな求人に出会える確率も非常に高いです。

全国エリアの対応可能

都心部に特化して求人サイトが多い中、スマイルSUPPORT介護では全国どこのエリアでも求人の紹介をしてもらえます。

また運営している長谷川ホールディングスは介護施設や福祉施設の運営もしているため、介護業界に精通しているキャリアアドバイザーが多く、介護業界特有の悩みにも共感してもらえます。

評判の悪い施設を省いて紹介してもらえる

スマイルSUPPORT介護では、介護業界に精通していることもあり施設情報にも詳しいのですが、ブラックな施設は紹介しないという方針を徹底しています。

そのため「希望されてる施設ですが、実は先日集団退職があって…」など、他では聞けないような話を聞くことができるので、入ってからのミスマッチも防ぐことが出来ます。

≫スマイルSUPPORT介護に相談してみる

2位「きらケア介護求人」(首都圏向け)

求人数 12,000件以上(2017年9月時点)
対応エリア 首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)
対応職種 介護福祉士(介護士)、社会福祉士、ケアマネージャー、 介護職員基礎研修、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、社会福祉主事任用、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、無資格OK
職場の内部情報に詳しい

きらケア介護では、介護業界に特化して求人紹介を行っているため、施設ごとの人間関係、離職率、雰囲気などの口コミ・評判に非常に詳しいです。

求人を紹介される時も「あそこの施設は給料は確かに高いけど、残業もかなり多いのでプライベートの時間は取りづらいかもしれません…」などネガティブな情報もきちんと教えてもらえます。

キャリアアドバイザーの対応が丁寧

きらケア介護では、7割が女性スタッフということもあり、寄り添って話を聞いてもらえるので安心できるひいう人も多いです。

また「まだ転職は迷ってるけど、どんな求人があるか見てみたくて…」というような情報収集の段階でも、丁寧に対応してもらえるので安心です。

給料・条件交渉をしてもらえる

きらケア介護では、一人ひとりに担当のキャリアアドバイザーがついてもらえるのですが、求人を探してもらえるだけでなく、面接のサポートはもちろん、施設への給料や条件交渉までしてもらえます。

「あと月1万円給料が高かったら、ここの施設に行きたいんだけど…」という正直な気持ちを伝えてみてください。

これまでに何度も給料交渉をしてきているプロなので、施設の担当者にうまく給料交渉をしてもらえて給料アップが叶うこともあります。

≫きらケア介護求人に相談してみる

3位:「ベネッセの介護士お仕事サポート」(関東・関西メイン)

求人数 4,000件(2017年9月時点)
対応エリア 関東・関西中心
対応職種 介護福祉士、ケアマネジャー、実務者研修、介護職員初任者研修、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、看護助手、無資格OK
介護業界に詳しいプロのアドバイザーが担当

ベネッセグループ自身が介護施設を運営していることもあり、キャリアアドバイザーは介護業界に非常に詳しいプロばかりです。

そのため求人を紹介してもらう時にも施設の内情を詳しく教えてもらえたり、施設ごとに異なる面接で気をつけるポイントも教えてもらえるので、安心してサポートを受けられます。

高待遇・優良企業の求人が豊富

ベネッセ介護は大手企業の知名度もあり、求人を扱っている施設も大手企業や優良企業も多いため、高待遇・好条件の求人も豊富に紹介してもらえます。

求人サイトによっても取り扱っている求人が異なりますが、ベネッセでしか扱っていない優良企業の求人も多いので、できる限り2社以上の求人サイトへの登録をオススメします。

特養から在宅まで幅広い求人の紹介が可能

ベネッセ介護では介護分野に特化していることもあり、特養、老健、有料、デイサービス、在宅など、幅広い分野の求人の取り扱いがあります。

それぞれの施設で働くメリット・デメリットも事前に教えてもらえるので、「入ってみたらイメージと違った…」ということもなくミスマッチになるケースもほとんどありません。

≫ベネッセ介護士お仕事サポートに相談してみる

 

関連記事

介護職が転職を成功させるための履歴書と職務経歴書のポイント大公開!

介護職の面接で不合格にならないための7つのポイント!

介護職が未経験の人が感じる不安へのアドバイスをまとめてみました!

【職種別】介護職の採用試験でよくある作文例のまとめ!

それって悪印象かも?介護職の面接で不採用になる人の特徴4選

もしかして不採用?介護職の面接中に送られる不採用のサイン