それって悪印象かも?介護職の面接で不採用になる人の特徴4選

みさき

みさき
面接で採用になる方法を色々考えているんだけど、逆に不採用になるのはどういう時なの?

ひよこ先生

ひよこ先生
なかなか難しい質問だね。でも重要な考え方かもしれないね。

 

面接で合格する方法については調べても、不採用になる条件はあまり調べない内容かもしれません。

でも不採用になる理由は、気になるポイントではありませんか?

それが分かっていれば、面接終了後に振り返ったときに「何か悪印象を与えてしまっていないか」という不安も和らぎますよね。

一人の求人に対して一人の応募などでは、不採用の理由がなければ採用されると言えるかもしれません。

逆に合格に足るだけの良い自己PRや志望動機を準備したとしても、一つでも不採用にする理由があれば不採用になってしまうこともあるでしょう。

合格に向けた準備と併せて、不採用にならないための準備も怠らないようにしたいですね。

今回は不採用になる人の特徴4を紹介しますので、面接前に確認していただければと思います。

面接に不採用になる人の特徴

ひよこ先生

ひよこ先生
なにか特定の言動で不採用になるというよりは、不採用になりやすい特徴のようなものがあるんだ。

そのように思われてしまう言動を避けることができればベストだね。

みさき

みさき
どういうこと?

ひよこ先生

ひよこ先生
ひとまず見ていこうか。

その1:協調性がない

介護では特に、チームケアが重要になります。

そのため、チームとして働くうえで協調性がとても大切です。

協調性がないと思われてしまうような言動は特に避けなければなりません。

協調性がないと感じられてしまう行動

  • 自分の考えや思いばかりを話してしまい、独りよがりな面接になる
  • シフトや給料などで希望ばかりを伝える
  • 面接中に表情が固い、ぼそぼそと話す、よそ見をしている

・・・など

その2:責任感がない

社会人として働いて給料を得る以上、責任感のない人間であると思われてしまうと悪印象になります。

雇用契約を結び、双方に責任の生じる行為が働くということですから、その責任をしっかりと果たしてくれる人を採用したいのは当たり前ですよね。

責任感が無いと思われてしまう行動

  • 履歴書や職務経歴書で嘘をつく
  • 遅刻、忘れ物をする
  • 話す内容が二転三転する、矛盾している

・・・など

その3:不真面目

面接は雇用契約を結ぶ前に行う最終確認であるともいえます。

面談として会話をするというよりは、自分という商品を売り込む商談に近いと言えるでしょう。

その大切な場で真面目にできない人が、利用者やご家族の前で真面目にできるとは考えてもらえません。

人間性として不真面目だと捉えられてしまえば、面接は不採用となってしまいます。

不真面目だと思われてしまう行動

  • 身だしなみが悪い
  • 馴れ馴れしい言動

・・・など

その4:非常識

常識という考え方はとても重要です。

雇用した全員に常識を一から教えるような教育はできませんし、常識だと考えていることが噛み合っていないとコミュニケーションもなかなか成立しません。

社会人として、介護職者としての常識に則った言動が大切です。

非常識だと思われてしまう言動

  • 質問された内容に適切に答えられていない
  • あまりにも下調べをしていない

・・・など

 

ひよこ先生

ひよこ先生
大切な利用者を任せるのだから、信頼できる人間でないといけないよね。
みさき

みさき
非常識な人や責任感の無い人は信頼できないもんね。

 

面接では、まずは信頼できる人間だと感じてもらうことがスタートです。

信頼できないと感じられてしまっては、いかに素晴らしい志望動機や自己PRを並べても不採用になってしまうでしょう。

逆に言えば、信頼できる人であると感じてもらう事さえできれば、多少の能力不足は研修や教育で補えると判断してもらえるかもしれません。

つまり信頼できない人の特徴が、そのまま面接で不採用になる人の特徴であるともいえるでしょう。

 

ひよこ先生

ひよこ先生
上で挙げた4つ以外にも、信頼できないと感じられてしまうポイントはあるかも知れないよ。

その辺りは面接官の感覚によっても変わってくるからね。

 

数をこなして慣れていくべきもの

みさき

みさき
でも面接を何度も受けるのは嫌だし、難しいよ?
ひよこ先生

ひよこ先生
別に面接でなくても良いと思うよ。信頼される態度でいる、それが自然にできるならそれで良いんだからね。

 

友人との関係や職場の上司、後輩に同僚など、生活する中では様々な人間関係に囲まれています。

慣れ親しんだ友人との会話中には脳は睡眠中に近いほど休眠しているという話もありますから、それだけではいけませんが、ある程度緊張しながら会話をする機会も少なからずあるはずです。

あらゆる関係性の中で自然と信頼される態度でいることができれば、面接においても特別意識することなく信頼してもらう事はできるでしょう。

そういう意味では、あらゆる関係性の中で信頼される人間である訓練が面接を乗り切るために必要と言えるかもしえません。

人から信頼される態度、言動は一朝一夕に身につくものではありません。

数をこなして慣れいくべきものです。

普段から意識して生活が出来れば、面接を緊張せずに自然と乗り切れるかもしれません。

そこで、面接に不安を感じている人にオススメしたいのが介護求人サイトの存在です。

あなたに合った求人の紹介はもちろん、転職活動をトータル的にサポートしてもらえるので、それぞれの施設に合った面接対策のアドバイスももらえます。

おすすめの介護求人サイト

ひよこ先生

ひよこ先生
いざ、介護求人サイトを利用しようと思っても、数が多すぎてどこがいいのか分からない!という人も多いんじゃないかな?

 

当サイトでは、実際に介護求人サイトを利用した人の声、またそれぞれの求人サイトが扱っている求人数や情報量を元に、おすすめの求人サイトをピックアップしています。

求人サイトによっては対応エリアが首都圏のみのところもあります。

首都圏の人向けと全国対応可能の求人サイトがありますので、対応可能エリアも必ずチェックしてみてくださいね。

1位:「スマイルSUPPORT介護」(全国対応)

求人数 84,000件以上(2017年9月時点)
対応エリア 全国対応
対応職種 介護福祉士、社会福祉士、社会福祉士主事、ヘルパー1級、ヘルパー2級、介護職員初任者研修、実務者研修、介護職員基礎研修、ケアマネージャー(介護支援専門員)、主任ケアマネージャー(主任介護支援専門員)、無資格OK
求人サイトの中で求人数がNO.1

スマイルSUPPORT介護では求人サイトの中でも取り扱い求人数が最も多く、8万件以上の求人の中からあなたに合った求人を紹介してもらえます。

また6割以上が非公開求人となっており、「土日休み、年間休日120日以上、残業なし」など、他にはないレアな求人に出会える確率も非常に高いです。

全国エリアの対応可能

都心部に特化して求人サイトが多い中、スマイルSUPPORT介護では全国どこのエリアでも求人の紹介をしてもらえます。

また運営している長谷川ホールディングスは介護施設や福祉施設の運営もしているため、介護業界に精通しているキャリアアドバイザーが多く、介護業界特有の悩みにも共感してもらえます。

評判の悪い施設を省いて紹介してもらえる

スマイルSUPPORT介護では、介護業界に精通していることもあり施設情報にも詳しいのですが、ブラックな施設は紹介しないという方針を徹底しています。

そのため「希望されてる施設ですが、実は先日集団退職があって…」など、他では聞けないような話を聞くことができるので、入ってからのミスマッチも防ぐことが出来ます。

≫スマイルSUPPORT介護に相談してみる

2位「きらケア介護求人」(首都圏向け)

求人数 12,000件以上(2017年9月時点)
対応エリア 首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)
対応職種 介護福祉士(介護士)、社会福祉士、ケアマネージャー、 介護職員基礎研修、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、社会福祉主事任用、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、無資格OK
職場の内部情報に詳しい

きらケア介護では、介護業界に特化して求人紹介を行っているため、施設ごとの人間関係、離職率、雰囲気などの口コミ・評判に非常に詳しいです。

求人を紹介される時も「あそこの施設は給料は確かに高いけど、残業もかなり多いのでプライベートの時間は取りづらいかもしれません…」などネガティブな情報もきちんと教えてもらえます。

キャリアアドバイザーの対応が丁寧

きらケア介護では、7割が女性スタッフということもあり、寄り添って話を聞いてもらえるので安心できるひいう人も多いです。

また「まだ転職は迷ってるけど、どんな求人があるか見てみたくて…」というような情報収集の段階でも、丁寧に対応してもらえるので安心です。

給料・条件交渉をしてもらえる

きらケア介護では、一人ひとりに担当のキャリアアドバイザーがついてもらえるのですが、求人を探してもらえるだけでなく、面接のサポートはもちろん、施設への給料や条件交渉までしてもらえます。

「あと月1万円給料が高かったら、ここの施設に行きたいんだけど…」という正直な気持ちを伝えてみてください。

これまでに何度も給料交渉をしてきているプロなので、施設の担当者にうまく給料交渉をしてもらえて給料アップが叶うこともあります。

≫きらケア介護求人に相談してみる

3位:「ベネッセの介護士お仕事サポート」(関東・関西メイン)

求人数 4,000件(2017年9月時点)
対応エリア 関東・関西中心
対応職種 介護福祉士、ケアマネジャー、実務者研修、介護職員初任者研修、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、看護助手、無資格OK
介護業界に詳しいプロのアドバイザーが担当

ベネッセグループ自身が介護施設を運営していることもあり、キャリアアドバイザーは介護業界に非常に詳しいプロばかりです。

そのため求人を紹介してもらう時にも施設の内情を詳しく教えてもらえたり、施設ごとに異なる面接で気をつけるポイントも教えてもらえるので、安心してサポートを受けられます。

高待遇・優良企業の求人が豊富

ベネッセ介護は大手企業の知名度もあり、求人を扱っている施設も大手企業や優良企業も多いため、高待遇・好条件の求人も豊富に紹介してもらえます。

求人サイトによっても取り扱っている求人が異なりますが、ベネッセでしか扱っていない優良企業の求人も多いので、できる限り2社以上の求人サイトへの登録をオススメします。

特養から在宅まで幅広い求人の紹介が可能

ベネッセ介護では介護分野に特化していることもあり、特養、老健、有料、デイサービス、在宅など、幅広い分野の求人の取り扱いがあります。

それぞれの施設で働くメリット・デメリットも事前に教えてもらえるので、「入ってみたらイメージと違った…」ということもなくミスマッチになるケースもほとんどありません。

≫ベネッセ介護士お仕事サポートに相談してみる

 

関連記事

介護職が職場見学の時に気をつけておきたい3つのこと!

【85%合格必須】介護職の志望動機を職種別でまとめてみました!

介護職が転職を成功させるための履歴書と職務経歴書のポイント大公開!

もしかして不採用?介護職の面接中に送られる不採用のサイン

【職種別】介護職の採用試験でよくある作文例のまとめ!

介護職が未経験の人が感じる不安へのアドバイスをまとめてみました!