グループホームを辞めたい!介護職としての次の転職先は?

みさき

みさき
グループホームで働いてる友達が、辞めたいって嘆いてたよ。
ひよこ先生

ひよこ先生
介護現場でその声を聞かないことはないよね。
みさき

みさき
うん。でもグループホームで働いてるからって辞めたくなることがあるの?
ひよこ先生

ひよこ先生
グループホームならではの理由ってことだね。

 

介護分野は離職率の高い業界ですが、グループホームで働く介護職ならではの「辞めたい理由」は何でしょうか。

グループホームは認知症対応型共同生活介護施設です。

これから先需要が増すであろう認知症対応、そして地域密着型の共同生活介護として位置付けられています。

自分がグループホームを辞めたい理由をしっかりと見つめ直して、自分にあった施設を見つけて転職すれば、介護職として気持ちよく働けるはずです。

グループホームを辞めたくなった理由

認知症の対応が辛い

グループホームで働くなら認知症対応は毎日、頻繁に発生しますよね。

泥棒呼ばわりで大声で入居者に怒られたり。不穏な入居者から突然叩かれるなんてこともあるかも知れません。

介護職者だって人間ですから、理由もなく怒られたり叩かれてはたまりません。

しかし、それが認知症の症状であることも理解できるからこそ耐えなくてはいけません。

そんな毎日では、辛くなるのも辞めたくなるのも当然ですよね。

家事・炊事がしんどい

グループホームはユニット型施設であり、洗濯や洗い物、掃除、施設によっては調理も業務範囲です。

認知症に対するケアや身体介護よりも、家事に関するタイムスケジュールがシビアでしんどいことも少なくありません。

何時までに食事が終わって、何時までに洗い物。その後は更衣介助で、終わったら洗濯して、記録をつける。

分刻みも珍しくないような業務で、家でも仕事でも家事に追われる。

家事自体は誰でも家で行う内容だからこそ、分かってもらえない辛さもあります。

人間関係がつらい

グループホームはユニットケアであり、各ユニットに専属で担当介護職員が配置される施設は少なくありません。

もしくは、出勤してみるまで担当のユニットやメンバーの割り振りが分からないなどの施設もあります。

業務が遅れて洗濯物が残った、次の勤務の人は仲が良くないから怒られる、そんな悩みは少なくないでしょう。

チームで仕事をする以上役割を割り振りますが、一人遅れればフォローが必要にもなります。

仲が良くない職場で働く心的な疲労はとても大きなものです。

入居者の不穏対応で仕事が遅れ、結果引継ぎで怒られでもしたら、入居者のせいにしたくなることもあるでしょう。

認知症対応やユニットケアだからこそ生じる人間関係の難しさは小さくありません。

給料が低い

資格や勤続年数に関わらず、グループホームの給料は他の入居施設に比べても月給で2万円ほど安いようです。

介護に関する技術、知識、認知症に関する知識、対応の話術、技術、さらには家事の能力も含めての金額です。

また、入居者からの罵声や暴力に耐える忍耐も必要となります。

これだけ頑張っても、給料に反映されないとなれば、それは耐え難い苦痛かも知れません。

給料とはすなわち評価とも言えるので、仕事の内容が正当に評価されないと感じてしまっては、働くこと自体が苦痛になりますよね。

 

みさき

みさき
そっか。グループホームならではの悩みって多いんだね。
ひよこ先生

ひよこ先生
そうだね。認知症対応は専門的な知識も必要で、非常に難しいし、入居者から直接お礼を言われる機会も少ない。だからこそ、悩みの多い職場かも知れないね。

 

グループホームからの転職先の選択肢

みさき

みさき
グループホームからの転職先って、どんな選択肢があるの?
ひよこ先生

ひよこ先生
グループホームを経験していることは、とても大きなメリットだからね。転職先はたくさんあるよ。

 

グループホームでの勤務経験は、認知症対応の経験や家事なども含めた幅広い介護業務の経験、チームケアの経験であると言えます。

認知症が国民病と呼ばれ、認知症高齢者の数が増加している今こそ、グループホームで働いた経験は多くの施設や事業所で求められることでしょう。

 

  • 認知症対応の経験
  • 家事も含めた幅広い介護業務の経験
  • チームケアの経験

 

1)認知症の対応が辛い場合

認知症は今や国民病と言われるほどで、全く認知症ケアがない介護分野の職場を探す事は難しいでしょう。

しかし認知症フロアや身体的な重度者などでフロア分けしている施設なら、認知症フロアを外してもらうよう交渉自体は可能かも知れません。

または相談援助職などの直接身体介護に携わる機会の少ない職種への転職も検討すべきでしょう。

訪問介護員なら、認知症の重度な利用者は担当できない等の条件で転職先を探してみることも出来ます。

いずれにせよ、認知症の対応を全くしたくないという事では介護業界では勤務が難しいのは事実。

どういった経験から苦手意識に繋がっているのか、認知症ケアの中でも何が嫌なのかは明確に伝えることが必要です。

(考えられる転職先)
  • 他職種・他業界
  • 認知症フロアや認知症高齢者を担当しない介護職

 

2)家事援助の負担が辛い場合

大規模な施設では、洗濯に専門のシルバー人材を雇用する施設や、有料老人ホームなどでは外部に洗濯を委託している施設。

医療系の施設では、ご家族が洗濯を行う施設などがあります。

食事に関しては、調理や洗い物に専任のスタッフが配置される施設の割合は多く、掃除も外部に依頼される場合や専門のスタッフを配置する施設があります。

介護職員の担当業務に占める家事援助の割合を確認すれば、施設で働く事も出来るでしょう。

また、家事援助自体が少ない職場としてデイサービスやショートステイもありますので、このような施設も検討すべきかもしれません。

(考えられる転職先)

  • 家事が外部や他の専任スタッフに割り当てられる施設
  • そもそも家事援助が少ないショートステイやデイサービス
  • 他業種・他業界

 

人間関係がつらい、給料が低い

このような理由は、他のグループホームに転職することでも改善するかもしれない項目です。

給料に関しては、求人情報などを確認し、高く設定される施設を探すことが重要です。

人間関係に関しては働いてみなければ分かり辛い部分ですが、それでも転職を機に一転しますよね。

(考えられる転職先)

  • 他のグループホーム
  • 他の介護施設
  • 他業種・他業界

 

あなたに合った求人の探し方

みさき

みさき
グループホームの勤務経験が介護施設では求められやすいってことは分かったけど、どうやって探すの?
ひよこ先生

ひよこ先生
職場を辞めたい理由に応じて、探す先は様々だからね。

こういう理由で転職を検討しているけど、良い施設や事業所はないか、と聞いてしまうのが一番早いんじゃないかな。

みさき

みさき
そっか。介護求人サイトサイトを便利に使おう、だね。

 

グループホームは認知症ケアや家事など、特徴的な負担が多い職場です。

何を理由に退職したいのか、転職先に何を求めるのかがはっきりすることで、あなたに最適な転職先を見つけましょう。

そのためにも介護求人サイトへの相談はオススメです。

介護求人サイトでは、一人ひとりにキャリアアドバイザーが担当としてついてもらえます。その中で、自分に合った職場はどんな施設なのかを相談できたり、施設ごとの内部情報も詳しく聞くことができます。

グループホームは他の施設に比べて、求人数も減ってきてしまうので、一人で探すよりも介護求人サイトに相談することで求人の選択肢もグッと上がるはずです。

おすすめの介護求人サイト

ひよこ先生

ひよこ先生
いざ、介護求人サイトを利用しようと思っても、数が多すぎてどこがいいのか分からない!という人も多いんじゃないかな?

 

当サイトでは、実際に介護求人サイトを利用した人の声、またそれぞれの求人サイトが扱っている求人数や情報量を元に、おすすめの求人サイトをピックアップしています。

求人サイトによっては対応エリアが首都圏のみのところもあります。

首都圏の人向けと全国対応可能の求人サイトがありますので、対応可能エリアも必ずチェックしてみてくださいね。

1位:「スマイルSUPPORT介護」(全国対応)

求人数 84,000件以上(2017年9月時点)
対応エリア 全国対応
対応職種 介護福祉士、社会福祉士、社会福祉士主事、ヘルパー1級、ヘルパー2級、介護職員初任者研修、実務者研修、介護職員基礎研修、ケアマネージャー(介護支援専門員)、主任ケアマネージャー(主任介護支援専門員)、無資格OK
求人サイトの中で求人数がNO.1

スマイルSUPPORT介護では求人サイトの中でも取り扱い求人数が最も多く、8万件以上の求人の中からあなたに合った求人を紹介してもらえます。

また6割以上が非公開求人となっており、「土日休み、年間休日120日以上、残業なし」など、他にはないレアな求人に出会える確率も非常に高いです。

全国エリアの対応可能

都心部に特化して求人サイトが多い中、スマイルSUPPORT介護では全国どこのエリアでも求人の紹介をしてもらえます。

また運営している長谷川ホールディングスは介護施設や福祉施設の運営もしているため、介護業界に精通しているキャリアアドバイザーが多く、介護業界特有の悩みにも共感してもらえます。

評判の悪い施設を省いて紹介してもらえる

スマイルSUPPORT介護では、介護業界に精通していることもあり施設情報にも詳しいのですが、ブラックな施設は紹介しないという方針を徹底しています。

そのため「希望されてる施設ですが、実は先日集団退職があって…」など、他では聞けないような話を聞くことができるので、入ってからのミスマッチも防ぐことが出来ます。

≫スマイルSUPPORT介護に相談してみる

2位「きらケア介護求人」(首都圏向け)

求人数 12,000件以上(2017年9月時点)
対応エリア 首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)
対応職種 介護福祉士(介護士)、社会福祉士、ケアマネージャー、 介護職員基礎研修、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、社会福祉主事任用、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、無資格OK
職場の内部情報に詳しい

きらケア介護では、介護業界に特化して求人紹介を行っているため、施設ごとの人間関係、離職率、雰囲気などの口コミ・評判に非常に詳しいです。

求人を紹介される時も「あそこの施設は給料は確かに高いけど、残業もかなり多いのでプライベートの時間は取りづらいかもしれません…」などネガティブな情報もきちんと教えてもらえます。

キャリアアドバイザーの対応が丁寧

きらケア介護では、7割が女性スタッフということもあり、寄り添って話を聞いてもらえるので安心できるひいう人も多いです。

また「まだ転職は迷ってるけど、どんな求人があるか見てみたくて…」というような情報収集の段階でも、丁寧に対応してもらえるので安心です。

給料・条件交渉をしてもらえる

きらケア介護では、一人ひとりに担当のキャリアアドバイザーがついてもらえるのですが、求人を探してもらえるだけでなく、面接のサポートはもちろん、施設への給料や条件交渉までしてもらえます。

「あと月1万円給料が高かったら、ここの施設に行きたいんだけど…」という正直な気持ちを伝えてみてください。

これまでに何度も給料交渉をしてきているプロなので、施設の担当者にうまく給料交渉をしてもらえて給料アップが叶うこともあります。

≫きらケア介護求人に相談してみる

3位:「ベネッセの介護士お仕事サポート」(関東・関西メイン)

求人数 4,000件(2017年9月時点)
対応エリア 関東・関西中心
対応職種 介護福祉士、ケアマネジャー、実務者研修、介護職員初任者研修、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、看護助手、無資格OK
介護業界に詳しいプロのアドバイザーが担当

ベネッセグループ自身が介護施設を運営していることもあり、キャリアアドバイザーは介護業界に非常に詳しいプロばかりです。

そのため求人を紹介してもらう時にも施設の内情を詳しく教えてもらえたり、施設ごとに異なる面接で気をつけるポイントも教えてもらえるので、安心してサポートを受けられます。

高待遇・優良企業の求人が豊富

ベネッセ介護は大手企業の知名度もあり、求人を扱っている施設も大手企業や優良企業も多いため、高待遇・好条件の求人も豊富に紹介してもらえます。

求人サイトによっても取り扱っている求人が異なりますが、ベネッセでしか扱っていない優良企業の求人も多いので、できる限り2社以上の求人サイトへの登録をオススメします。

特養から在宅まで幅広い求人の紹介が可能

ベネッセ介護では介護分野に特化していることもあり、特養、老健、有料、デイサービス、在宅など、幅広い分野の求人の取り扱いがあります。

それぞれの施設で働くメリット・デメリットも事前に教えてもらえるので、「入ってみたらイメージと違った…」ということもなくミスマッチになるケースもほとんどありません。

≫ベネッセ介護士お仕事サポートに相談してみる

 

関連記事

介護老人保健施設を辞めたい!介護職としての次の転職先は?

介護職がデイサービスに転職する前に知っておきたい4つのこと!

介護職が介護老人保健施設に転職する前に知っておきたい4つのこと!

介護職が特別養護老人ホームで働く前に知っておきたい4つのこと!

介護職がグループホームで働く前に知っておきたい4つのこと!

特別養護老人ホームを辞めたい!介護職としての次の転職先は?