ケアマネージャーを辞めたい人のためのアドバイス!

みさき

みさき
ねえねえ、ひよこ先生、ちょっと聞いて欲しいんだけど。
ひよこ先生

ひよこ先生
今日は遅いね。どうしたの?
みさき

みさき
施設のケアマネさんが、仕事がキツイ、誰も分かってくれない、給料が安いって愚痴が始まっちゃってさ…ずっと話を聞いてたんだよー。
ひよこ先生

ひよこ先生
なるほどね。ケアマネは難しい仕事だからね。
みさき

みさき
そうなんだ。私は現場だから、全然わかんないよ。
ひよこ先生

ひよこ先生
じゃあ今回はケアマネさんの悩みについて教えてあげよう。

 

ケアマネージャーは国家資格を有していることが前提とされる上級資格です。

経験も必要であり、介護保険のプロフェッショナルともいえます。

しかしながら、悩みの多い仕事であり、身体的にも精神的にもキツイ仕事だと言えます。

今回はケアマネを辞めたいとお考えのあなたに、転職を考えるアドバイスが出来ればと思います。

ケアマネージャーを辞めたいと思うタイミング

みさき

みさき
でも、ひよこ先生は介護福祉士だよね?ケアマネについて分かるの?
ひよこ先生

ひよこ先生
失敬な!世界初の介護福祉士ひよこは伊達じゃないよ。それに一緒に働くチームだからね。

では、このデータから見ていこう。

 

 

ひよこ先生

ひよこ先生
実に素晴らしいデータだ。
みさき

みさき
…え?

 

ケアマネージャーに対し勤務上の悩みを聞いたアンケートですが、自分の力量に不安があるという項目が52%で半数以上のケアマネが抱える悩みとして挙げられています。

ポイントで次点である賃金が安いという項目を20%近く上回っていることからも、この悩みの大きさがよく分かるのではないでしょうか。

「もっと良いケアプランを作成できるのではないか」「もっと利用者にあったサービスがあるのではないか」そういう悩みを抱えながらも、少しでも良いケアプランを作成して利用者の事を考える。

上級資格ということもあり、福祉専門職種としての意識の高さが見える結果です。

 

ひよこ先生

ひよこ先生
休日や残業、緊急対応といった項目のポイントも低いからね。これは素晴らしいデータだよ。
みさき

みさき
そっか。辞めたくなる理由はお金とか就労条件じゃあないんだね

 

ケアマネージャーを辞めるメリット・デメリット

みさき

みさき
じゃあ、ケアマネは辞めてもあんまり変わらないの?
ひよこ先生

ひよこ先生
いや、それだけに辞めることの影響はあると言えるよ。

 

1)他職種への転職

メリット

  • 強い責任や負担から解放される
  • 連携してきた業種として、事前に知識がある
  • ケアマネ取得の際に経験した業種であれば、すでに資格と経験がある

デメリット

  • ケアマネと比べ収入が減る場合もある
  • ケアマネとしての考え方と現場の考え方の違いなどに戸惑う場合もある

 

2)介護・福祉業界、医療業界以外の仕事への転職

メリット

  • 介護報酬や加算に関わらない給料の計算なので、給料が上がる場合もある
  • 業務内容や環境がガラッと変わり新鮮な職場で働くことが出来る

デメリット

  • ケアマネという上位資格が評価されない
  • 介護・福祉業界での経験が活かしきれない職場も多い

 

3)ケアマネージャーとして他の職場に転職する

メリット

  • ケアマネとしての経験が評価される
  • 管理者や責任者としての求人もある

デメリット

  • 業務内容や負担が変わらない場合がある
  • 経験者として、担当件数が多い、困難ケースの対応を任されるなど高いレベルが要求される場合がある

 

ケアマネージャーが今よりも条件・環境の良い職場を探す方法

みさき

みさき
ケアマネを辞めちゃうのはもったいないね。
ひよこ先生

ひよこ先生
そうだね。経験を積めば主任ケアマネという道もあるし、業務自体にやりがいや楽しさがあるならぜひ続けてもらいたいと思うよ。

 

ケアマネの多くが抱える「自分の力量に不安がある」という悩みですが、これはより経験のある主任ケアマネや頼りになる先輩ケアマネに相談しながら業務すれば改善するかもしれません。

書式の量が多く負担になっているという悩みは、自分の仕事にあたる時間を十分に確保してくれる事業所かどうかによっても異なります。

単純に担当件数が減るだけでも負担減に繋がるでしょう。

ケアマネの転職は決してお金だけが全てではありません。

むしろ業務時間におけるケアマネ業務にかけられる時間や担当件数、ともに働くチームメンバーの質、相談できるケアマネの有無などに大きく左右されます。

 

みさき

みさき
だから給料と立地と一枚の写真だけで判断する求人広告なんかより、求人サイトを使ってほしいって事なんだね。
ひよこ先生

ひよこ先生
そういうことさ。

求人サイトには紹介先について沢山の情報があるし、自分が本当に大切にしている物を伝えて、それに合った転職先を紹介してもらえる。

 

  • ケアマネや職員に対してどの様な研修が実施されているのか
  • 実際の業務はどのような内容で行うのか
  • 新人研修やケアマネ業務上のアドバイザーの有無

 

自分にとって何が負担となっていて、次の職場に何を求めるのか。

給料より大切なものがあるならば、それを大切にできる転職をしたいですよね。

おすすめの介護求人サイト

ひよこ先生

ひよこ先生
いざ、介護求人サイトを利用しようと思っても、数が多すぎてどこがいいのか分からない!という人も多いんじゃないかな?

 

当サイトでは、実際に介護求人サイトを利用した人の声、またそれぞれの求人サイトが扱っている求人数や情報量を元に、おすすめの求人サイトをピックアップしています。

求人サイトによっては対応エリアが首都圏のみのところもあります。

首都圏の人向けと全国対応可能の求人サイトがありますので、対応可能エリアも必ずチェックしてみてくださいね。

1位:「スマイルSUPPORT介護」(全国対応)

求人数 84,000件以上(2017年9月時点)
対応エリア 全国対応
対応職種 介護福祉士、社会福祉士、社会福祉士主事、ヘルパー1級、ヘルパー2級、介護職員初任者研修、実務者研修、介護職員基礎研修、ケアマネージャー(介護支援専門員)、主任ケアマネージャー(主任介護支援専門員)、無資格OK
求人サイトの中で求人数がNO.1

スマイルSUPPORT介護では求人サイトの中でも取り扱い求人数が最も多く、8万件以上の求人の中からあなたに合った求人を紹介してもらえます。

また6割以上が非公開求人となっており、「土日休み、年間休日120日以上、残業なし」など、他にはないレアな求人に出会える確率も非常に高いです。

全国エリアの対応可能

都心部に特化して求人サイトが多い中、スマイルSUPPORT介護では全国どこのエリアでも求人の紹介をしてもらえます。

また運営している長谷川ホールディングスは介護施設や福祉施設の運営もしているため、介護業界に精通しているキャリアアドバイザーが多く、介護業界特有の悩みにも共感してもらえます。

評判の悪い施設を省いて紹介してもらえる

スマイルSUPPORT介護では、介護業界に精通していることもあり施設情報にも詳しいのですが、ブラックな施設は紹介しないという方針を徹底しています。

そのため「希望されてる施設ですが、実は先日集団退職があって…」など、他では聞けないような話を聞くことができるので、入ってからのミスマッチも防ぐことが出来ます。

≫スマイルSUPPORT介護に相談してみる

2位「きらケア介護求人」(首都圏向け)

求人数 12,000件以上(2017年9月時点)
対応エリア 首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)
対応職種 介護福祉士(介護士)、社会福祉士、ケアマネージャー、 介護職員基礎研修、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、社会福祉主事任用、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、無資格OK
職場の内部情報に詳しい

きらケア介護では、介護業界に特化して求人紹介を行っているため、施設ごとの人間関係、離職率、雰囲気などの口コミ・評判に非常に詳しいです。

求人を紹介される時も「あそこの施設は給料は確かに高いけど、残業もかなり多いのでプライベートの時間は取りづらいかもしれません…」などネガティブな情報もきちんと教えてもらえます。

キャリアアドバイザーの対応が丁寧

きらケア介護では、7割が女性スタッフということもあり、寄り添って話を聞いてもらえるので安心できるひいう人も多いです。

また「まだ転職は迷ってるけど、どんな求人があるか見てみたくて…」というような情報収集の段階でも、丁寧に対応してもらえるので安心です。

給料・条件交渉をしてもらえる

きらケア介護では、一人ひとりに担当のキャリアアドバイザーがついてもらえるのですが、求人を探してもらえるだけでなく、面接のサポートはもちろん、施設への給料や条件交渉までしてもらえます。

「あと月1万円給料が高かったら、ここの施設に行きたいんだけど…」という正直な気持ちを伝えてみてください。

これまでに何度も給料交渉をしてきているプロなので、施設の担当者にうまく給料交渉をしてもらえて給料アップが叶うこともあります。

≫きらケア介護求人に相談してみる

3位:「ベネッセの介護士お仕事サポート」(関東・関西メイン)

求人数 4,000件(2017年9月時点)
対応エリア 関東・関西中心
対応職種 介護福祉士、ケアマネジャー、実務者研修、介護職員初任者研修、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、看護助手、無資格OK
介護業界に詳しいプロのアドバイザーが担当

ベネッセグループ自身が介護施設を運営していることもあり、キャリアアドバイザーは介護業界に非常に詳しいプロばかりです。

そのため求人を紹介してもらう時にも施設の内情を詳しく教えてもらえたり、施設ごとに異なる面接で気をつけるポイントも教えてもらえるので、安心してサポートを受けられます。

高待遇・優良企業の求人が豊富

ベネッセ介護は大手企業の知名度もあり、求人を扱っている施設も大手企業や優良企業も多いため、高待遇・好条件の求人も豊富に紹介してもらえます。

求人サイトによっても取り扱っている求人が異なりますが、ベネッセでしか扱っていない優良企業の求人も多いので、できる限り2社以上の求人サイトへの登録をオススメします。

特養から在宅まで幅広い求人の紹介が可能

ベネッセ介護では介護分野に特化していることもあり、特養、老健、有料、デイサービス、在宅など、幅広い分野の求人の取り扱いがあります。

それぞれの施設で働くメリット・デメリットも事前に教えてもらえるので、「入ってみたらイメージと違った…」ということもなくミスマッチになるケースもほとんどありません。

≫ベネッセ介護士お仕事サポートに相談してみる

 

関連記事

ケアマネージャーが給料アップをさせる方法とは?

ケアマネージャーからの転職先はどんなところがあるの?

看護師からケアマネージャーに転職したい人へのアドバイス!

ケアマネとして独立する前に知っておきたい5つのこと!