ケアマネージャーからの転職先はどんなところがあるの?

ケアマネは介護福祉士や社会福祉士、看護師などの所持を要件とし、法定資格を所持して現場経験を積んだ後受験できる資格です。

さらに試験に合格しても研修が必要など、高い知識と専門性が必要となる資格としてケアプランの作成という介護サービスの重要な部分を担います。

しかしケアマネは高い知識と経験、専門性が必要な資格でありながら身体的にも精神的にも辛い仕事で、給料も低いとして転職する人が後を絶たない資格でもあります。

今回はケアマネの転職について、どのような転職先があるのかを見てみましょう。

ケアマネージャーの仕事がつらい

ひよこ先生

ひよこ先生
ということで!ケアマネの転職について考えます。
みさき

みさき
よろしくお願いします!
ひよこ先生

ひよこ先生
まずはケアマネの仕事について考えてみよう。

 

ケアマネの仕事は居宅と施設などの事業所に関わらず、ケアプランの作成です。

ケアプランを作成しサービスが開始されて以降には、モニタリングやサービス担当者会議などで継続的に利用者と関わり、ケアプランの見直しや更新を行います。

さらにサービス利用票やサービス提供票、給付管理票などの各種書類の作成や提出もケアマネに求められる業務です。

ケアプランの作成を行うという業務から、利用者のニーズキャッチのためにコミュニケーションを重ねますし、ケアプランに組み込むサービスは実際の事業所と調整しなくてはなりません。

幅広い業務範囲と重い責任

担当件数分のケアプランの作成と給付管理など、デスクワークだけでも手一杯。

定期的なモニタリング以外にも利用者さんに変化があれば訪問するため、身体的にもヘトヘト。

家族さん、利用者本人、事業所とやりとりを行い、調整をする中では精神もすり減ります。

 

 

これはケアマネを対象に実施された調査結果です。

業務遂行に関する悩みとして、一番大きな悩みは記録する書式い手間がかかる点であるという結果が出ており、現代において紙ベースで担当件数ごとに多量の書類を作成しなければならない負担の大きさが分かります。

さらに困難ケースで手間がとられるという回答も半数近い回答となっており、こちらも大きな声では言い辛い悩みとして抱えることが多いでしょう。

 

みさき

みさき
ケアマネさんって色んな事をしてるんだね。
ひよこ先生

ひよこ先生
それだけに負担はとても大きいよ。見えるところでも見えないところでも、とても重要な業務を担当しているからね。

 

ケアマネージャーからの転職先の選択肢は?

みさき

みさき
ケアマネージャーから転職するときは、どういう選択肢があるの?
ひよこ先生

ひよこ先生
多いのは、やっぱり法定資格として業務した専門職だろうね。

 

1)保有する他資格として転職する

ケアマネージャーは、前提として他の資格を保有している珍しい資格です。

せっかく取得したケアマネ資格ですが、転職する上では前提資格へ転職することも選択肢となります。

少なくとも5年勤務した経験があるという点はとても大きなポイントで、即戦力として転職できることでしょう。

2)主任ケアマネを取得して転職する

ケアマネからさらに経験年数などの条件と研修によって取得できる資格が、主任ケアマネです。

主任ケアマネは設置によって加算があるなどで事業所としても雇用にメリットがあり、またケアマネ以上の知識を有するエキスパートとして活躍を期待されるでしょう。

せっかく転職するなら、資格的にもステップアップしてみるのも選択肢です。

3)ケアマネージャーとして職場を変える

転職の目的は様々ですが、ケアマネの仕事にやりがいや楽しさを感じているなら、職場を変えてみることで環境や業務内容を変えてみるのは有効です。

ケアマネとは言っても、介護職を兼務する場合や責任者への昇進が目指せる職場、施設ケアマネと居宅ケアマネなど働き方は様々。

書式の多さは制度上の問題も大きいところですが、環境を変えることで悩みの解決が見えてくるかもしれません。

ケアマネージャーのまま職場環境を変えてみることも大切

ひよこ先生

ひよこ先生
特にケアマネの仕事は制度上、ある程度定められた内容だからね。

職場によっての違いはあまりないかも知れない。

それに、介護の仕事はどこまでいっても介護報酬や加算から給料に回せる財源に限りがあるからね。

人員配置まで基準がある以上、収益から経費まで国のコントロール下と言える間かもれない。

だからこそ、職場の環境だけはしっかりと選んで働くべきだよ。

みさき

みさき
そっか。やっぱり職場選びが大切だね。

 

ケアマネの半数が悩みを抱える書式関係ですが、当然の業務として考えられて残業が日常的な事業所もあります。

利用者宅への訪問や会議などで変動しやすいスケジュールであり、そこからさらに書類作成に充てる時間の確保となると、職場が理解してシフトなどを考えてくれるのかは大切なポイントです。

また、施設では介護職員とケアプランの関わり方が実に多様です。

ケアマネがケアプランを作成して介護職員はサービスを提供するという形から、利用者個々の担当介護職員が会議に参加しケアプランを一緒に検討する形など。

また、利用者個々の担当介護職員がケアプランのひな型をサービスを提供者の立場から作成し、ケアマネが最終的なチェックと修正などを行い作成していく形もあります。

ケアマネの転職では、業務の内容以上に働き方について検討し、転職先を考えることで、職場環境を変えてみる事が有効でしょう。

また、ケアマネとしての転職先を探す時にオススメなのは、介護求人サイトに相談してみることです!

自分一人では探しきれないような求人を提案してもらえたり、面接対策や給料交渉までしてもらえるので、一人で進めるよりも確実に効率よく転職活動を進めることができます。

おすすめの介護求人サイト

ひよこ先生

ひよこ先生
いざ、介護求人サイトを利用しようと思っても、数が多すぎてどこがいいのか分からない!という人も多いんじゃないかな?

 

当サイトでは、実際に介護求人サイトを利用した人の声、またそれぞれの求人サイトが扱っている求人数や情報量を元に、おすすめの求人サイトをピックアップしています。

求人サイトによっては対応エリアが首都圏のみのところもあります。

首都圏の人向けと全国対応可能の求人サイトがありますので、対応可能エリアも必ずチェックしてみてくださいね。

1位:「スマイルSUPPORT介護」(全国対応)

求人数 84,000件以上(2017年9月時点)
対応エリア 全国対応
対応職種 介護福祉士、社会福祉士、社会福祉士主事、ヘルパー1級、ヘルパー2級、介護職員初任者研修、実務者研修、介護職員基礎研修、ケアマネージャー(介護支援専門員)、主任ケアマネージャー(主任介護支援専門員)、無資格OK
求人サイトの中で求人数がNO.1

スマイルSUPPORT介護では求人サイトの中でも取り扱い求人数が最も多く、8万件以上の求人の中からあなたに合った求人を紹介してもらえます。

また6割以上が非公開求人となっており、「土日休み、年間休日120日以上、残業なし」など、他にはないレアな求人に出会える確率も非常に高いです。

全国エリアの対応可能

都心部に特化して求人サイトが多い中、スマイルSUPPORT介護では全国どこのエリアでも求人の紹介をしてもらえます。

また運営している長谷川ホールディングスは介護施設や福祉施設の運営もしているため、介護業界に精通しているキャリアアドバイザーが多く、介護業界特有の悩みにも共感してもらえます。

評判の悪い施設を省いて紹介してもらえる

スマイルSUPPORT介護では、介護業界に精通していることもあり施設情報にも詳しいのですが、ブラックな施設は紹介しないという方針を徹底しています。

そのため「希望されてる施設ですが、実は先日集団退職があって…」など、他では聞けないような話を聞くことができるので、入ってからのミスマッチも防ぐことが出来ます。

≫スマイルSUPPORT介護に相談してみる

2位「きらケア介護求人」(首都圏向け)

求人数 12,000件以上(2017年9月時点)
対応エリア 首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)
対応職種 介護福祉士(介護士)、社会福祉士、ケアマネージャー、 介護職員基礎研修、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、社会福祉主事任用、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、無資格OK
職場の内部情報に詳しい

きらケア介護では、介護業界に特化して求人紹介を行っているため、施設ごとの人間関係、離職率、雰囲気などの口コミ・評判に非常に詳しいです。

求人を紹介される時も「あそこの施設は給料は確かに高いけど、残業もかなり多いのでプライベートの時間は取りづらいかもしれません…」などネガティブな情報もきちんと教えてもらえます。

キャリアアドバイザーの対応が丁寧

きらケア介護では、7割が女性スタッフということもあり、寄り添って話を聞いてもらえるので安心できるひいう人も多いです。

また「まだ転職は迷ってるけど、どんな求人があるか見てみたくて…」というような情報収集の段階でも、丁寧に対応してもらえるので安心です。

給料・条件交渉をしてもらえる

きらケア介護では、一人ひとりに担当のキャリアアドバイザーがついてもらえるのですが、求人を探してもらえるだけでなく、面接のサポートはもちろん、施設への給料や条件交渉までしてもらえます。

「あと月1万円給料が高かったら、ここの施設に行きたいんだけど…」という正直な気持ちを伝えてみてください。

これまでに何度も給料交渉をしてきているプロなので、施設の担当者にうまく給料交渉をしてもらえて給料アップが叶うこともあります。

≫きらケア介護求人に相談してみる

3位:「ベネッセの介護士お仕事サポート」(関東・関西メイン)

求人数 4,000件(2017年9月時点)
対応エリア 関東・関西中心
対応職種 介護福祉士、ケアマネジャー、実務者研修、介護職員初任者研修、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、看護助手、無資格OK
介護業界に詳しいプロのアドバイザーが担当

ベネッセグループ自身が介護施設を運営していることもあり、キャリアアドバイザーは介護業界に非常に詳しいプロばかりです。

そのため求人を紹介してもらう時にも施設の内情を詳しく教えてもらえたり、施設ごとに異なる面接で気をつけるポイントも教えてもらえるので、安心してサポートを受けられます。

高待遇・優良企業の求人が豊富

ベネッセ介護は大手企業の知名度もあり、求人を扱っている施設も大手企業や優良企業も多いため、高待遇・好条件の求人も豊富に紹介してもらえます。

求人サイトによっても取り扱っている求人が異なりますが、ベネッセでしか扱っていない優良企業の求人も多いので、できる限り2社以上の求人サイトへの登録をオススメします。

特養から在宅まで幅広い求人の紹介が可能

ベネッセ介護では介護分野に特化していることもあり、特養、老健、有料、デイサービス、在宅など、幅広い分野の求人の取り扱いがあります。

それぞれの施設で働くメリット・デメリットも事前に教えてもらえるので、「入ってみたらイメージと違った…」ということもなくミスマッチになるケースもほとんどありません。

≫ベネッセ介護士お仕事サポートに相談してみる

 

関連記事

ケアマネージャーを辞めたい人のためのアドバイス!

ケアマネージャーが給料アップをさせる方法とは?

看護師からケアマネージャーに転職したい人へのアドバイス!

ケアマネとして独立する前に知っておきたい5つのこと!