介護職にもパソコンスキルは必須?実際に使う3つのタイミング!

ひよこ先生

ひよこ先生
みさきが介護職として昇進していくことを目指すなら、パソコンは出来るようになっておきたいよね。
みさき

みさき
介護職にパソコンが必要なの?
ひよこ先生

ひよこ先生
すでに介護記録をパソコンで入力している施設も少なくないし、今後はもっと必要になっていくだろうね。

 

介護職の求人でパソコンスキルを要件とすることはあまりありませんが、実際には介護の現場でパソコンを使用する場面は増えてきています。

そうでなくともパソコンで作成できる書類などは便利ですし、生活・仕事を問わずパソコンを活用することは当たり前になってきています。

最近では学校の授業でパソコンを習いますし、大学のレポートなどはWordで作成することが当然にもなっています。

今後はもっとパソコンを使用するようになっていくことも予想されますし、ペーパーレスな職場は介護職者にとっても快適なものです。

介護の現場で必要とされるパソコンスキルと、パソコンスキルを身に着ける方法についてお伝えしていきます。

介護職もパソコンスキルは必須?

みさき

みさき
そういえば私の施設もiPadで介護記録を入力しているよ。
ひよこ先生

ひよこ先生
最近は専用のアプリケーションも提供されているし、使用を前提とした記録を作成するうえでデータで作成することはとても有意義だからね。今後はもっと広がっていくんじゃないかな。

 

最近では介護記録を入力、管理するための専用アプリ、ソフトウェアも提供されており、介護記録をデータ入力するという施設も増えてきています。

インターネット上に個人情報を保存するという危険性についても配慮され、現代では当然のように実施されている事であり、カルテの電子化なども進んでいます。

介護記録をデータで保存していくことは、使用を前提とした記録作成の観点から見たときには利点しかないと言えるかも知れません。

具体的な日時、時期が曖昧でも過去の記録を検索することができ、書類を広げる必要もありません。

既往歴などのデータは突然必要になることもありますが、検索して印刷すればすぐに病院などと共有するデータを準備できます。

昨日の水分摂取量を全端末から検索出来れば、医師と介護職者の連携もシームレスで、申し送り事項を最重要事項に集中することができます。

データは使用するために保存されるべきであり、法的に保管することが義務だから作成・保存されるべきではありません。

その意味では、パソコンで記録を作成するという時代の到来も当たり前の物であり、介護職者としては喜ぶべきものであると言えるでしょう。

みさき

みさき
でも介護記録を入力するだけなら、パソコンスキルなんて必要じゃないんじゃない?
ひよこ先生

ひよこ先生
手書きの方がパソコンで打つより早く書けるという人は当然いるよ。そもそも介護職者は高年齢なのも問題視されている訳だからね。

でもパソコンで記録を作成したり、パソコンが介護と身近になっていくことを盲目的に忌避して欲しくないと僕は思うな。

 

介護職がパソコンを使うタイミング

ひよこ先生

ひよこ先生
介護記録が手書きの施設でも、パソコンを使う場面は増えてきているよね。
みさき

みさき
そうなの?でも私は記録以外でパソコンに触ることはないよ?
ひよこ先生

ひよこ先生
徐々に増えていくと思うよ。今の介護の現場でパソコンと触れずに働き続けることも難しいからね。

介護職者がパソコンを使うタイミングは多々あります。

全く触れないという人もいるかも知れませんが、中には一日の勤務の大部分をパソコンの前で過ごすという比呂もいるかも知れません。

介護職者がパソコンを使う内容について、少し紹介したいと思います。

情報を検索する

新しく取り組むレクリエーションを考えるときに本を買いに行くという機会も減り、今では検索することは当たり前になってきています。

塗り絵用の画像や、ペーパークラフトの型紙、体操の手順、ネット上には介護施設向けに情報を提供するサイトも溢れています。

レクリエーションを提案する立場が介護職員なのか、介護リーダーなのか、レク委員なのかは施設によってばらつきがありますが、レクリエーションを考えるならネットはとても便利です。

清掃委員や美化委員では他施設の取り組みを調べることは参考になりますし、最新法令について検索することもあるかも知れません。

この様に検索するという目的で、パソコンを使用する機会は多々あります。

検索した情報は印刷などをしてから使用することも多く、スマホではなくパソコンで検索することになるでしょう。

書類などの作成を行う

介護の現場で働いたことのある人なら、会議や研修の多さにうんざりしたことがあるかも知れません。

それだけ介護職者での意思共有が大切だという事であり、会議はとても重要です。

会議の際に配られる書類、レジュメはWordで作成されているはずです。研修なら報告書がWord提出の施設もあるでしょう。

介護主任や各種委員長など、会議を主催し議題を提出する立場では書類を作成するためにパソコンを使用することになります。

他にも催しのチラシやご家族への連絡、他職種と情報共有するために送付する書類など、パソコンを使用して書類を作成する機会は多々あります。

これらは何らかの役職に就いていない介護職員では実感のない内容かも知れませんが、介護業界で昇進していくならば必ず必要になるスキルです。

Word以外にも、シフトを作成する際には多くの施設でExcelを使用しているはずです。
介護リーダーの多くはExcelと格闘しながら、毎月シフトを作成しています。

記録の入力、閲覧を行う

最近の施設では介護記録をデータ入力する施設が増えています。データで入力するという事は、閲覧する際にもパソコンを使用するという事です。

専用のソフトウェアは多くの会社が作成しており、使用しているソフトウェアによって使用は異なります。

転職先ではパソコンや専用スマホを使用して介護記録を入力してる場合もありますので、転職の際には注意しなければならないかもしれません。

パソコンが苦手な介護士がやっておきたいこと

みさき

みさき
書類を作らないといけなくなったりしても、パソコンなんて普段全然使ってないよ。
ひよこ先生

ひよこ先生
確かに、今はスマホが便利だからね。

最近の若い世代でパソコンが全くできないという人は珍しいけれど、パソコンが苦手なら事前に準備しておいた方がいいかもしれないね。

 

介護職者にとってパソコンは必要だから利用するものであり、頼るものではありません。
記録の入力や書類の作成など、今までは手で行っていたことをパソコンで実施しているだけです。

だからといってパソコンが苦手では困る事態になるかも知れません。パソコンで入力するからと言って、基本的な介護記録の文字数が大きく減少する訳ではないからです。

「起床の声掛けに訪室し、更衣介助を実施。身体に熱感を認める。検温を実施(KT36.5)気分不良の訴え見られず、更衣介助後水分摂取を促し退室。看護師に報告後、様子観察を実施」

例えばこれだけの記録を入力するとしましょう。キー入力と変換、記号の入力、英文字での入力は最低限出来なければなりません。

Wordで研修記録を作成し提出しなければならないなら自体はより深刻です。400字のレポートでも得手不得手で大きく時間の違いが発生します。

最低限はパソコンも扱えるようにしておくことはとても大切です。

では最低限とはどの程度で、最低限扱えるようになるためにはどうすればいいのでしょうか

文字の入力はスムーズに行えるレベルになる

ペンで文字を書く場合と異なり、パソコンで文章を作成する場合には得手不得手による作業時間の差が顕著です。

得意な人なら数分で作成できる文章が、一時間かかっても作成できない人は決して少なくはありません。これは単純にキー入力の時間の問題です。

タイピング練習用のソフトは沢山あるため、家にパソコンがあればそういったソフトを使ってキー入力を練習するだけで、確実に作業時間を短縮することが出来ます。

無料のソフトで一日一時間の練習をひと月実施するだけで、今後一生分のパソコン入力が格段に早くなります。

一生使える技能ですので、習得して損になることはないでしょう。

Excel、Word、PowerPointなどのオフィスソフトを使ってみる

介護の現場で使用されるソフトの多くは、マイクロソフトオフィスのソフトです。

介護用のソフトは施設によって使用されるものが違いますし、家のパソコンで使うことは出来ませんが、オフィスソフトは家のパソコンでも使用することが出来ます。

購入時に付属していないパソコンの場合は高価なソフトなので購入すべきかは検討することになりますが、もし家のパソコンにもインストールされているならば、ぜひ実際に使ってみてください。

Excelで家計簿を作成してみたり、Wordで旅行計画を作成するのも面白いかもしれません。

PowerPointは施設によっては会議などのプレゼンに使用されるソフトです。運動会の写真でスライドショーを作成し、家で上映会なども楽しいですね。

基本的にパソコンは便利で楽しく使用することが出来ます。そして便利に使うためには覚えなければなりませんし、使っていけば覚えていくことが出来ます。

逆に言えば、使ってみたことがなければ何時間説明されてもよく分からないのがパソコンです。

友人やご家族に教わりながら、仕事のための勉強ではなく趣味の楽しみや生活の利便性の為にパソコンを使ってみれば、パソコンの扱いに自信が出てくるはずです。

 

ひよこ先生

ひよこ先生
最低限オフィスソフトが扱えて、スムーズに文字が打てるレベルであることは必要だと思うよ。
みさき

みさき
私はWordしか使ったことがないし、他のソフトは少し練習してみないといけないかな。

 

今後はさらにパソコンスキルは必須になっていく

ひよこ先生

ひよこ先生
介護の機械化なんてことが言われているけれど、もし機械化されればパソコンやスマホから操作することになるよね。

高齢化が進んで介護は忙しくなっていく一方だけど、業務を効率化したり無駄を省くためにパソコンやスマホの利用が広まっていく可能性は高いんじゃないかな。

みさき

みさき
介護職が働きやすくなるために導入されていくんだから、慣れていかないといけないんだね。

 

介護記録のデータ入力のように、今後も業務を効率化するためにパソコンが導入されていく可能性は高いと言えます。

介護の機械化が進むならば、介護ロボットを操作するのは介護者であり、操作にはスマホやパソコンを使う事になるでしょう。

今後は、さらにパソコンスキルが必須になっていくといえます。

これを忌避する思いがあることは確かで、人の手で人に対して暖かく実施される介護に機械やパソコンが介入することは、気持ちの良いものではないかもしれません。

しかしミスをなくし、効率的でスピーディに介護を実施するために、介護者の負担を軽減するためにパソコンを活用することが出来れば、より働きやすくなることも確かです。

委員会議をネットのテレビ電話で行うことが出来れば、貴重な休日に会議の為だけに出勤しなくていいかもしれません。

忘れやすい物品補充について、毎日の減り具合を記録することで補充すべき曜日に通知してくれれば便利かもしれませんね。

リハビリ体操のDVD作成ができればレクリエーションにとても便利です。撮りためた写真のスライドショーを作成し、ご家族にプレゼントするのも素敵ですね。

パソコンを上手く活用することで、介護は楽しく便利に、快適になる側面もあります。

苦手意識を持たずにパソコンを使いこなし、時代の流れに置いて行かれない介護職者になりたいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!こちらの記事では、転職を考えている介護職にオススメの介護求人サイトを紹介しています。

転職を考えている人は、ぜひこちらも見てみていただければと思います。

【失敗しないサイト選び】介護求人サイトのおすすめは?

関連記事

介護職は3Kではなくもはや4Kと呼ばれるようになってきた?!

新人介護士が読んでおきたいオススメの参考書3選!

介護の基本!正しいポジショニングを行うための3つのポイント

介護リーダーに求められる役割・資質とは?

介護職の副業はOK?ダブルワークをする時の注意点のまとめ!

介護職が底辺の仕事と呼ばれる理由とは?